荻原梓のチャート一刀両断!

山下智久、ドラマ『THE HEAD』EDテーマがチャート首位 内面性が露わになった知的でクールな1曲に

参考:2020年7月27日付週間シングルランキング(2020年7月13日~2020年7月19日)

山下智久『Nights Cold』

 最新のオリコンチャートによれば、山下智久の『Nights Cold』が73,458枚で1位、続いてTWICEの『Fanfare』が19,946枚で2位、氷川きよしの『母』が16,351枚で3位を記録。2位と3位が当週以外のリリース作品なのに対して、当週発売の最新作が順当に首位に立った結果となった。

 『Nights Cold』は山下智久の通算11枚目のシングルで、2018年にSME Recordsに移籍してからは3枚目となる。表題曲は、彼自身も出演するHuluオリジナルドラマ『THE HEAD』のエンディングテーマで、CD発売と同時に世界各国でも配信された。ドラマは極寒の大地が舞台で、人間の極限心理を描いたサバイバルスリラーとなっている。そのため本曲も、比較的静かな音作りの中でピアノの音色が響き渡るような、張り詰めた空気感が広がったものに仕上がっている。作曲はShogoとTomoyuki Hirakawaが共作し、作詞は山下自身とWAKEの2人で手掛けている。

山下智久 『Nights Cold』Lyric Video

 歌詞の多くを占めているのが英語。山下本人のコメントによれば「ドラマの世界観を大切にしながら、今回はそれを恋愛に例えてミステリーを紐解いていく様なイメージで作詞」したという(参照:Hulu)。英詞が全編に渡った中でも、〈浮かんでは消えていくまるで月のよう〉というラストのフレーズが印象的だ。ピアノを中心とした洗練されたサウンドも相まって、人間の深い心象風景を具現化したような、それでいて広大な情景も喚起されるような作品となっている。

 山下智久と言えば、やはり真っ先に思い出すのが「抱いてセニョリータ」(2006年)や、修二と彰名義での「青春アミーゴ」(2005年/テレビドラマ『野ブタ。をプロデュース』主題歌)といったスペイン〜ラテン歌謡路線の楽曲である。2000年代中盤のこうした作品の大ヒットにより彼に付加された情熱的、かつ、コミカルなイメージ。さらにそれに拍車を掛けたのが、ワーナー移籍後のアルバム『エロ』(2012年)、そして『A NUDE』(2013年)といったセクシャルなタイトルを冠した作品群だ。真心ブラザーズの名曲カバー『SUMMER NUDE ’13』(2013年)のシングルジャケットも肌の露出が多くて印象的だった。こうした作品のリリースを重ねてきたことで、彼のタレントイメージというのはある種”肉体的”で”官能的”な方向へと極まっていったように思う。