>  >  > DEAN FUJIOKA、月9ドラマ主題歌を担当 

DEAN FUJIOKA、自身主演の月9ドラマ『シャーロック』主題歌書き下ろし

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  DEAN FUJIOKAが自身主演の月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ)主題歌「Shelly」を担当する。

 『シャーロック』は、アーサー・コナン・ドイルが生んだミステリーエンターテインメントの原作の魅力をそのままに、名探偵・シャーロックと医師・ワトソンが難事件を解決していく古典ミステリーを、現代の東京を舞台として映像化する。主題歌の「Shelly」は、 事件解決の天才でありながら自らも犯罪衝動を抱えるミステリアスな男・シャーロックが、実は、過去か未来かまたは現在進行形、人生のどこかのポイントにおいて、自分にとって「運命の女神」とも言える一人の女性・Shellyを一途に思う、ピュアな経験をしたことがあったのではないかという、DEAN本人による着眼点のもと書き下ろされたラブバラード。

 DEAN FUJIOKAがドラマ主題歌を担当するのは、2018年4月期に放送された木曜劇場『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』の「Echo」以来約1年半ぶりとのこと。

DEAN FUJIOKAコメント

 シャーロックの知られざる一面をラブバラードで書き下ろしました。さまざまな不可解な事件や謎を解いてきた“天才”ですが、一歩間違えば自身も犯罪者になりかねない、そんな“犯罪衝動”を抱えた危険な男。そんな男が、謎を追いかけ、真実を突き詰めていく中で、運命に翻弄されるのと同じように、手が届きそうで届かない“Shelly”という運命の女神に出会ったとしたら…。そんな実際には描かれないアントールド・ストーリーをこの楽曲で表すことで、さらにドラマ「シャーロック」の魅力が、より立体的になると良いなと思って制作したので、是非、聴いて貰えると嬉しいです。

プロデュース:太田 大(フジテレビ第一制作室)コメント

 初めて聴いたとき、一瞬にして世界に静寂をもたらすようなイントロを聴いて、その世界観にすぐに引き込まれました。スリリングな事件と多くの伏線を回収していく謎解きをスピーディーに魅せていくドラマ本編とはどこか切り離された、置き去りにされた誰もいない場所で、静かに、そして熱く、愛を叫び続けているような印象を受けました。謎が解かれて、傷つく人も救われる人もいる中で、どこか感じてしまう一筋の切なさを感じさせる楽曲でありながら、ドラマが進むにつれて寒くなっていくこの季節にぴったりなロマンティックさも感じられ、ストーリーを一層盛り上げてくれることを確信しています。

■番組情報
『シャーロック』(フジテレビ)
放送日時:10月7日スタート 毎週(月)21:00~21:54
※初回30分拡大(21時~22時24分)
出演者:ディーン・フジオカ・岩田剛典・佐々木蔵之介ほか

■関連リンク
DEAN FUJIOKA Official Site
Twitter
Instagram
Weibo
Official Fanclub「FamBam」

「DEAN FUJIOKA、自身主演の月9ドラマ『シャーロック』主題歌書き下ろし」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版