>  > ジェシカが語る、クリエイティブへの挑戦

ジェシカが語る、LAで学んだ表現とクリエイティブへの挑戦「日本と海外の架け橋になりたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジェシカが、8月7日21時からオンエアの『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演。「トリオ THE ワールドワイドな女」というテーマでトークする。ジェシカは、LAを拠点にダンサー、モデル、振付師として活躍中。これまでにケイティ・ペリーやP!NK、T-Painなど数々のアーティストのバックダンサー、アワードショーに出演し、2013年には『JUSTE DEBOUT』の米国大会で優勝。日本人女性初のアメリカ代表として世界大会に出場した。2015年には、『So You Think You Can Dance』でファイナリストとなり、全米カナダツアーも経験した。日本では姉であるベッキーとメルカリのCMで共演したり、バラエティ番組にも出演し、世界規模で活躍の幅を広げている。今回リアルサウンドでは、来日タイミングでジェシカにインタビュー。これまでの経歴からアメリカでのダンスの経験、日本のダンスシーンの変化や表現で大切にしていること、これからの挑戦について語ってもらった。(編集部)

ダンスは心 

ーージェシカさんが17歳の時にダンスと出会ったきっかけを教えてください。

ジェシカ:昔からテレビに出ているアーティストさん達をよく見ていて、「いいな、私も踊りたいな」という夢はあったんですけど、どうしたらダンスを習えるかさえ全然知らなくて。17歳の時に友達が「ダンスのクラスを受けにいくんだけど一緒に行かない?」って誘ってくれたことがきっかけです。ダンスにジャンルがあることも知らなくて、初めてのクラスがブレイキンのクラスだったんですけど、自分にはこれじゃないな、と思って(笑)そこから色んなジャンルや先生を知って開拓していきました。

ーーテレビでよく見ていたのは誰のパフォーマンスでしたか?

ジェシカ:安室奈美恵さんとか、MAXさんとか、KinKi Kidsさん、あとSPEEDの(新垣)仁絵ちゃんはずっと見ていました。かっこいいですよね。

ーー最初に自分に当てはまったダンスのジャンルは何だったんですか?

ジェシカ:やっぱりヒップホップですね。教えていたのが黒人の先生で、英語の歌詞に合わせて振り付けしてるのを見て「かっこいい!」と思って。私はハーフですが当時はそんなに英語が喋れなくて、ダンスをきっかけに初めて英語も勉強するようになりました。

ーー21歳の時にLAに拠点を移したんですよね。ダンスを始めてから4年で思い切ったのはなぜですか?

ジェシカ:当時の私は週に1本か2本クラスを受けているだけで「私はダンサー」だと思っていたんですよ。習っていたダンススクールで18歳から4年間発表会に出演して、21歳の発表会の時にアメリカから来ていたショータイムという先生が特別に作品を作るということで、オーディション制でその作品に参加できる機会があったんですね。他の作品はお金を払えば誰でも踊れるんですけど、それに関してはちゃんとしたオーディションがあって、受けてみたら通ったんです。合格者の中で私が唯一英語を少しだけ喋れたのでアシスタントにつくことができて。そこで初めてアメリカの仕事やリハーサルの仕方、振付や表現力を直に学んで、「発表会終わったらアメリカに行こう」とその時に思いましたね。

ーーLAでダンスに挑戦したいと思ったんですか。

ジェシカ:4年目の発表会の時に自分がセンターに置かれることがあって、少し調子に乗ってたんですね。「結構いいところにいってんじゃん」って。だけどアメリカに行ったらクラスで一番下手くそだったんですよ。レベルが全然違って。「趣味でダンスやってるの私」とか「看護師なんだけど、エクササイズで踊りたいし」って言ってる子の方が振り覚えがめちゃめちゃ早くて。その子たちより全然だめで、始めは落ち込みましたね。そのころは毎日7クラスぐらいあって、朝から晩までスタジオにいました。

ーーストイックですね。

ジェシカ:でもそれぐらいのペースでやってたので上手くなるのは早くて、自分でも「あれ? 1カ月前にはできなかったけど簡単にできるな」とか、感覚の掴み方がちょっとよくなってきたりとか。

ーーその頃にはすでに仕事もしていたのですか。

ジェシカ:全然です。まずはじめは観光ビザで、学生ビザに切り替えて、事務所のオーディションに3回目で受かったんですが、事務所とサイン契約した時に、「じゃあビザ取ってくださいね、スポンサーになりますから」と言われて。そこからビザを取るために半年間資料を集めて過去の経歴を見せて「私アメリカに残るべき人材ですよ」というのを証明しなきゃいけないんです。お母さんに電話して、ファッションショーやモデルをした時の写真やインタビューも全部出してもらって。

ーー経歴が必要なんですね。

ジェシカ:そうですね。だから、本当に才能がある子でも過去の経歴がないと一旦日本に帰ってきて経歴を積んで、そのペーパーワークがあった上でビザを取らなきゃいけないから大変なんです。才能だけでいけるわけじゃないんですよね。

ーー海外に行って勉強するのが一番の近道なのにそれができない。

ジェシカ:そう。すぐに働けないとか。可哀想ですよね。

ーー普段のLAでの生活でインスピレーションを受けることはありますか?

ジェシカ:やっぱりダンスかな。プロの世界だけ見ているよりも、街でサルサクラブに出かけた時に、一般の人がシンプルなステップをこなして楽しそうに踊っている瞬間とか見ると、楽しさとかピュアな気持ちが届くのって一番大事だなって思いますね。結局、ダンスは心なんですよね。あと、自己表現がとてもオープンなので、私自身の性格ももっとオープンになりました。日本に住んでる間は、合わせなきゃ、波を立てないようにしなきゃと思うことも多くて、それに染まってしまっていたと思うんですよ。だけどLAだとみんな自分のことが大好きすぎて、誰も私のことをジャッジしないし、気にもしてないのが嬉しくて。日本だと「太ったでしょ」「痩せた?」「疲れてる?」なんて言葉もよく聞いていたんですが、向こうなんて少し太ったぐらいじゃ何ともなくて。渡米は21歳でしたが、当時は周りに比べられるたりジャッジされることに対して毎回怯えていたので、それがなくなったのは大きなステップでしたね。

ーーLAの生活の中でのもっとも大きな転機は?

ジェシカ:拠点を移したことが大きいけど、一つ挙げるなら9年越しの夢だった『So You Think You Can Dance』に受かった時ですかね。日本から渡った時にテレビのショーを見て出ようと決めたものの、翌年そのオーディションの一次審査で落とされて、「私は本当にダンスが上手くないんだなって今日思った、やめたほうがいいのかもしれない」ってすごく落ち込みました。そこから毎年オーディションの情報は聞いていたのですが、「まだ準備ができていない」「まだ怖い、こんなんじゃまた一次審査で落とされる」って。だけど9年経った時にエド・シーランの「Thinking Out Loud」が流れてきて、「この曲めっちゃいい、こういう曲でこういう振りを夢だったテレビのショーで踊れたらどんなに幸せかな」ってふとオーディションのことが頭をよぎって、調べたら3日後にオーディションがあったんです。「これ見ちゃったからにはもうやらなきゃダメだよな」と覚悟を決めました。その時も「絶対受からない、そんな甘くない」とは思いましたが、どんどんトップに近づいていってとうとう受かったんです。夢って叶うんだと思いました。

      

「ジェシカが語る、LAで学んだ表現とクリエイティブへの挑戦「日本と海外の架け橋になりたい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版