>  >  > 鬼龍院翔、楽曲制作への恋愛の影響を語る

鬼龍院翔、楽曲制作への恋愛の影響を語る「彼女ができると曲が作れなかったことがある」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さらにトークは5月24日にリリースする『オニカバー90’s』の話題に。90年代J-POPが大好きだと語る鬼龍院は「あの懐かしさみたいなものを、僕は音楽で表現しようとしている」と前置きし、「『女々しくて』も懐かしさを大事にしているんですよね」とヒットナンバーの成り立ちを語った。「ビジュアル系の人は若い世代が多くて、90年代の曲を知らない人が多いんですよ。この曲良いから聴いてみてくれよ、ということでリリースさせてもらいました」とカバーアルバムのコンセプトを明かし、「CDってファンしか買わないグッズみたいな位置づけになっているので、そのCDを通して若い世代の方が曲を知ってくれたらな」と新作に込めた思いを告白した。

 次回5月23日の放送では、前田敦子がゲスト出演する。

(文=向原康太)

      

「鬼龍院翔、楽曲制作への恋愛の影響を語る「彼女ができると曲が作れなかったことがある」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版