>  >  > 石井竜也、“ライブセット100億円”伝説語る

石井竜也、“ライブセットに総額100億円”伝説を語る「あの時の収益はゼロだった」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最後の伝説として紹介されたのは、「これまでのライブセットに総額100億円掛けた」というもの。石井はこれに対し「今の今までなら掛かってるかも」と肯定し、1989年のライブで使用した巨大恐竜に1億円、1991年のライブで使用した可動式の柱に3億4千万円を掛けたことを説明。石井は当時を振り返り「その時の社長が電話してきて『腕一本に8000万円掛かっているから、1本減らしてくれ』とお願いされたときに『俺なんて悪いことしたんだろう』と思った」と罪悪感を感じたエピソードを語ったうえで「あの時の収益はゼロだった」と告白し、新曲「LIFE IS…」を歌い上げた。

 ほかにも、武井俊祐(ヴィンテージ)がロケを行ない、アーティストの魅力を探る「緊急指令! 今すぐ探リズム」では、yonigeとのコミュニケーションを繰り広げた今回の放送。次回は高橋優、DNCE、Leola、SUPER☆GiRLS、Gacharic Spinなどが出演する予定だ。

(文=向原康太)

      

「石井竜也、“ライブセットに総額100億円”伝説を語る「あの時の収益はゼロだった」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版