AKB48メンバーがLGBTについて討論 峯岸みなみ「女の子と付き合える自分もいる」

 また、番組では「身近にLGBTの人はいる?」というテーマについて議論が展開。小笠原茉由が「SNSで繋がっていた女友達が気づいたら男性の格好をしていた。でも抵抗はない」と語ると、指原が「20人に1人ならAKB48にもいるのでは? メンバーの衣装を嗅いでた子がいなかった?」と切り込んだ。ここで峯岸が「中学生のときに、女性マネージャーさんを好きになった。信頼関係と混同していたのかわからないけど、女の子と付き合える自分もいる」と過去に体験した出来事を明かし、「他のメンバーと話しているのが嫌で泣いていたり、送り届けてもらうときも離れるので寂しくて泣いたりした。母が悲しむと思ったときに、いけないことをしていると思った」と当時の心情を語った。

 続いてメンバーは「メンバー同士のキス」に言及。小笠原が「よくみるきー(渡辺美優紀)がキスをしてくるけど、私は彼女しか受け入れられない」と語ると、峯岸は「メンバー同士のキスは無感情。ぬいぐるみみたいな」と、恋愛感情があるものではないと断言。しかし島田晴香は「メンバー同士のキスに嫌悪感を覚える」と、違和感があることを述べた。

 最後の「同性から告白されたことは?」というテーマについて、島田は「中学一年生のとき、卒業する先輩に手紙を貰ってカミングアウトされた」と明かすと、濱野が「多様性のある社会・都市の方がクリエイティビティになりやすく経済も発展しやすい」として8000組の同棲カップルが結婚し、約200億円の経済効果を生んでいることを挙げたところで番組が終了した。

 デリケートなテーマについて、メンバーと論客が熱い議論を交わした今回の放送。次回はメンバーが「不倫」について意見を述べる予定だ。

(文=向原康太)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる