GENERATIONS、きゃりー、ソナポケ……テレ朝『LOVE BOX』で豪華出演者が「愛」を表現

20150318-ts.jpg

 

 続いて登場したのは、この日唯一の女性アーティストであるきゃりーぱみゅぱみゅ。彼女は1曲目「ピカピカふぁんたじん」のイントロと共に、ダンサーを引き連れて登場。その後「インベーダー インベーダー」、「ファミリーパーティー」と、立て続けにヒット曲を連発した。きゃりーはMCで「今日は出演者の皆さんが全員男性なので、ガールズパワーを届けられたらと思います!」と語り、イベントのテーマである“LOVE”からインスピレーションを受けたというハートの風船型の髪飾りと、ハートが散りばめられたワンピースを強調。会場のファンからは「かわいい!」という声が乱れ飛んだ。また、きゃりーは「はじめましての人も多いかもしれないけど、よかったら一緒にやってください」と語り、キャッチーな振り付けが特徴の「にんじゃりばんばん」を熱唱。同曲のサビではアリーナの観客が一斉に踊り、会場が熱気に包まれた。続いて「つけまつける」を披露したきゃりーは「今までの歌詞は全部ファンタジーだったけど、この曲は働く女性の背中を押すカッコいい歌詞です」と語り、新曲「もんだいガール」を披露し、「ファッションモンスター」「きらきらキラー」を歌い上げ、ステージをあとにした。

20150318-ts4.JPG

 

 3番手には清水翔太が登場。バックバンドを従えて登場した清水は、1曲目「YOU&I」から、生ピアノの音に乗せ、ソウルフルな歌声で会場の空気を一変させた。同曲が終わると、清水は「愛をテーマに歌ってきた私としては、気合が入らざるを得ない状況になってる。みなさんは好きなアーティストに最高の愛を送ってください。そしてできればボクにもね(笑)」とユーモアあふれるMCを見せ、「アイシテル」「your song」を自身が弾くピアノに乗せて歌い上げた。さらに、4曲目として披露した、大ヒット曲「HOME」では、サビで会場の観客から大合唱が起こり、ラストの「君が好き」でも清水と観客が合唱団のように同曲を歌い上げた。

20150318-ts5.jpg

 

 4番手に登場したソナーポケットは、eyeronが「全員で跳ぶぞー!」と煽り、「GIRIGIRI」「My Honey」を立て続けに披露。MCではko-daiが「長い人生のほんの30分だけ、ソナポケに預けてもらってもよろしいでしょうか!?」という爽やかな台詞を合図に、「My Honey」を歌い上げた。また、「ファンファーレ!」「ソナポケ☆DISCO」では観客がタオルやサイリウムを思い思いのやり方で振り回し、会場のテンションを一気に上昇させた。そして最後は「ソナーポケットから全力の愛を届けます!」と、代表曲「365日のラブストーリー。」を披露し、ステージをあとにした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる