>  >  > 『音楽作家塾』第四期は編曲家育成へ

『音楽作家塾』第四期は編曲家育成へ ヒャダイン「なかなかの冒険だと思う」

関連タグ
氣志團
ヒャダイン
つるの剛士
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 氣志團の綾小路翔とヒャダインが司会を務める音楽バラエティー番組『musicる TV』(テレビ朝日系)の12月1日放送回で、「ミリオン連発音楽作家塾 第四期」の1回目が放送された。

 同企画は、音楽機材やネット環境が充実した近年、急増している音楽作家志願者にスポットを当て、未来のミリオン作家を発掘する「音楽作家オーディション」。これまで第一期ではMay J.を、第二期では超特急の楽曲を手掛ける音楽作家を輩出し、現在は℃-uteに楽曲提供をする作家を選出する第三期が進行中であり、早くも第四期が始動した形だ。

 第四期の講師となったのは、これまでAKB48「フライングゲット」や、AAA「恋音と雨空」、Sexy Zone「男 never give up!」などの編曲を手掛けた生田真心。彼は生徒の前に現れるやいなや「ゴールがこれまでとはまったく違います。皆さんは曲を作りません」と語り、その場にいた生徒一同は驚きを隠しきれない様子。生田は続けて「みなさんには編曲を手掛けて頂きます」と語り、今回の第四期が編曲者を輩出するためのものであると説明した。

      

「『音楽作家塾』第四期は編曲家育成へ ヒャダイン「なかなかの冒険だと思う」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版