>  >  > 年末企画:編集部・宮川翔のベスト10

年末企画:編集部・宮川翔の「2015年 年間ベスト映画TOP10」

関連タグ
EDEN/エデン
アクトレス 〜女たちの舞台〜
ベスト10
マッドマックス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1. マッドマックス 怒りのデス・ロード
2. アクトレス 〜女たちの舞台〜
3. EDEN/エデン
4. セッション
5. 岸辺の旅
6. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
7. マイ・ファニー・レディ
8. インヒアレント・ヴァイス
9. 恋人たち
10. 草原の実験

 「今年は良作が多すぎて年間ベストを決めるのが難しい」と毎年思うのですが、今年は特に難しかったです。メガヒットシリーズや人気作の続編、しばらく作品を発表していなかった監督の数年ぶりの新作、カンヌやヴェネツィアなどで賞を獲った話題作…などなど、挙げだしたらキリがありませんが、苦渋の末に選んだ今年のベストが上記10作です。

 『薄氷の殺人』、『裁かれるは善人のみ』、『共犯』、『ジャッジ 裁かれる判事』、『あの頃エッフェル塔の下で』、『きみはいい子』なども、ベスト10に肩を並べる傑作でした。

 1位の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、やはり外せません。『ジュラシック・ワールド』、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネーション』、『007 スペクター』、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、『クリード チャンプを継ぐ男』など、往年の人気シリーズの新作も粒ぞろいでしたが、どうしても“過去作ファンのためのもの”という感じが否めなかった中、シリーズ30年ぶりの新作となった『マッドマックス 怒りのデス・ロード』では、ジョージ・ミラー自らメガホンを取り、全く新しい『マッドマックス』を見せてくれたことに興奮しました。2D字幕版、3D字幕版、IMAX 3D字幕版、立川シネマシティの極上爆音上映の計4回観ましたが、何度観ても飽きさせることのない、ジョージ・ミラーの執念のようなものが映画の中に溢れていた。この先、歴史に残る1本になるでしょう。

 2位の『アクトレス 〜女たちの舞台〜』と3位の『EDEN/エデン』も、自分の人生を改めて見つめ直すという意味で、非常に心に残る映画でした。それぞれの作品を手がけた、オリヴィエ・アサイヤスとミア・ハンセン=ラヴが夫婦というのもすごい。一時のジェームズ・キャメロン&キャスリン・ビグロー、スパイク・ジョーンズ&ソフィア・コッポラのように、今最も才能のある現役映画監督夫妻ではないでしょうか。

 2016年公開作も期待作が目白押しです。リアルサウンド映画部では、今後も素晴らしい映画を広く伝えていくために、様々な記事を掲載していきます。2016年もどうぞよろしくお願いいたします。

■作品情報
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
Blu-ray & DVD 発売中
監督・脚本・製作:ジョージ・ミラー
出演:トム・ハーディー、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース=バーン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ライリー・キーオ、アビー・リー 、コートニー・イートン、ネイサン・ジョーンズ、ゾーイ・クラビッツ
発売・販売元:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
(c)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版