>  >  > SEVENTEEN、チームとしての結束力

SEVENTEEN、『WE MAKE YOU』で日本デビュー “13人全員で作る”チームとしての結束力

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年に韓国でデビューし、5月30日に『WE MAKE YOU』で待望の日本デビューを果たした、13人組ボーイズグループ・SEVENTEEN。13人が一糸乱れずシンクロし、空間を最大限有効に使った、ミュージカルのようなストーリーすら感じさせるパフォーマンスが彼らの代名詞とも言える。360度どこから見ても多人数グループならではのダイナミズムを味わうことができるだけでなく、ボーカルチーム・ヒップホップチーム・パフォーマンスチームという得意分野別のユニットに分かれているのも彼らの特徴だ。そこで今回は改めてそれぞれのユニットとしての魅力を紹介したい。

[M/V] SEVENTEEN(세븐틴) _ SVT VOCAL TEAM – ‘바람개비’

 プロデューサーの1人で楽曲制作の中心メンバーでもある、ウジがリーダーのボーカルチームは、ジョンハン、ジョシュア、DK(ドギョム)、スングァンの5人で構成されている。3ユニットの中で一番和気藹々と楽しそうに見えるのは、他のパートとの調和が大切なボーカルチームだからなのかもしれない。グループの楽曲と比べると、より感性的でじっくりとそれぞれの歌声を聴かせてくれる楽曲が多い。

[MV] SEVENTEEN(세븐틴) _ SVT HIPHOPTEAM – ‘TRAUMA‘

 一方、最年長でグループ全体のリーダーでもあるS.COUPS(エスクプス)をユニットリーダーとするヒップホップチームのメンバーは、ウォヌ、ミンギュ、バーノンの4人。こちらはボーカルチームとは対照的で、個人主義でお互い干渉しあわない自由な関係だという。しかし、フリーに動きながらもステージ上での呼吸はピッタリ。それぞれが自分のパートのリリックを書くのが基本でありながら、ライブでの即興性を求められるヒップホップジャンルらしいアティテュードとも言える。スワッグで重めの曲からスウィートな曲までこなすが、声のトーンが低いメンバーが集まっているからか、どこか大人っぽいイメージのあるユニットだ。また、SoundCloudで各自が作成したミックステープやフリートラックなども発表している。

[MV] SEVENTEEN(세븐틴) _ SVT PERFORMANCETEAM – ‘13월의 춤’

 ラストに紹介するパフォーマンスチームは、リーダーのホシ、中国人メンバーのTHE8(ディエイト)とジュン、末っ子のディノというダンススキルの高い4人組だ。パフォーマンスチームのパフォーマンスは視覚的にシンクロさせなければいけない要素が多いためか、ストイックで練習量が非常に多いという。グループ全体の弾けるようなエネルギッシュさとは異なり、緊張感さえ感じさせるアーティスティックとも言えるステージが印象的だ。また、ダンスパフォーマンスが中心とはいえ楽曲にはボーカルパートやラップパートもあるため、それらをこなすオールマイティな側面も持っている(パフォーマンスチームのラップはディノが担当しているが、最近はリリックライティングにも参加している)。

SEVENTEEN『WE MAKE YOU』(通常盤)

 日本デビューミニアルバム『WE MAKE YOU』にも「20」(ボーカルチーム)、「Lean On Me」(ヒップホップチーム)、「HIGHLIGHT」(パフォーマンスチーム)が収録されており、1枚でそれぞれのユニットの魅力を味わえる構成となっている。しかし、最近のアルバムではユニットの枠にとらわれない、様々な組み合わせでパフォーマンスされた楽曲も多く収録されるようになった。各ユニットのリーダーであるS.COUPS、ウジ、ホシによるLEADERSがクールなトラックにリーダーらしく熱い歌詞を乗せた「CHANGE UP」や、個別に音楽番組でも活動したコミカルなブソクスン(ユニット名はスングァン、DK、ホシの本名から)など、コンセプトも様々だ。

      

「SEVENTEEN、『WE MAKE YOU』で日本デビュー “13人全員で作る”チームとしての結束力」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版