>  >  > AKB最新作が映す“現在のJ-POP”

宗像明将のチャート一刀両断!

AKB48『Teacher Teacher』が映す“現在のJ-POP” 作家陣とサウンドから分析

関連タグ
AKB48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2018年6月11日付週間シングルランキング(2018年05月28日~2018年06月03日・ORICON NEWS)

 2018年6月11日付のオリコン週間シングルランキングの1位は、AKB48の『Teacher Teacher』。166万枚以上を売り上げての1位です。

AKB48『Teacher Teacher』

 このシングルには『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙 〜世界のセンターは誰だ?〜』の投票シリアルナンバーが封入されていますが、今回の総選挙では友人を介してBNK48の盛り上がりを感じています。BNK48とは、2017年にタイでデビューしたAKB48グループのひとつ。そのBNK48に気づくと友人がハマっており、彼の部屋にはBNK48のメンバーに投票するためのCDが段ボール箱で積みあげられていました。さらにAKB48について私がツイートするとタイ語のアカウントにRTされるので、タイでのBNK48のただならぬ盛り上がりを感じます。

 そんな中で1位を獲得したのがAKB48の『Teacher Teacher』。その曲名に、AKB48の2006年のデビューシングル『桜の花びらたち』のカップリング曲「Dear my teacher」を連想した人も多いのではないでしょうか。

 しかし、「Teacher Teacher」は「Dear my teacher」よりもダンスオリエンテッド。EDMの要素を大きく取り入れたサウンドです。

 作曲にクレジットされているのは、陽向佑斗、早川博隆、Belex。編曲はBelex、早川博隆の順番でクレジットされています。

 陽向佑斗は2018年4月7日にTwitterを始めたばかりの新進作家。作家事務所である株式会社Graneの提携作家です。早川博隆も株式会社Graneの提携作家にして、作家事務所である株式会社Rebrastの代表。NGT48の「出陣」、STU48の「僕たちはシンドバッドだ」、乃木坂46の「風船は生きている」「忘却と美学」の作編曲にも関わっているなど、名前を覚えておくべきヒットメイカーです。

 そしてBelexも新進作家のようなのですが、今話題のDA PUMPの『U.S.A.』のカップリング曲「All 2 You」の編曲も担当している点に注目すべきでしょう。この楽曲の作編曲には早川博隆も名を連ねており、早川博隆とBelexは、はからずもAKB48とDA PUMPを結びつける存在になっています。ここ2週間のチャートを席巻しているふたりとも言えます。

 ちなみにDA PUMPの「All 2 You」はミディアムバラード。パンチの利きすぎた「U.S.A.」をあえてシングルにしたスタッフのセンスが光ります。

      

「AKB48『Teacher Teacher』が映す“現在のJ-POP” 作家陣とサウンドから分析」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版