>  >  > TWICE新曲「Wake Me Up」を聴く

荻原梓のチャート一刀両断!

TWICEは新たなポップアイコンへーー現代版バブルガムポップに挑戦した「Wake Me Up」を聴く

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2018年5月28日付週間シングルランキング(2018年5月14日~2018年5月20日・ORICON NEWS)

TWICE『Wake Me Up』(通常盤)

 TWICEの3rdシングル『Wake Me Up』が発売初週に約26万枚を売り上げ、オリコン週間シングルランキングで1位を獲得。TWICEは“いい音楽で一度、素晴らしいパフォーマンスで二度魅了させる”という意味が込められた韓国発のガールズグループだ。オリコンによれば、海外アーティストによる「3作連続初週20万枚突破」は史上初だという。昨年に日本でも“TTポーズ”が大流行し『NHK紅白歌合戦』に出場するまで至った彼女たちだが、一時のヒットに止まらず、このように継続した人気を示す結果となった。

 今回の新曲は応援ソングとなっていて、<Up! Up! Baby don’t give up!>と全員で繰り返すチアリーディング風の冒頭から、Aメロでの<パンパカパーン パンパカパーン>をフックに、メロディアスなBメロ~サビへと移っていく流れだ。イントロの8分の電子音やサビでのアシッドなアルペジオなど、曲を通して低ビットで鋭利なアナログシンセの印象が強い。たとえば日本で言うきゃりーぱみゅぱみゅの「ファミリーパーティー」「にんじゃりばんばん」「インベーダーインベーダー」あたりのサウンド感のように、レトロな音色をノスタルジックにではなく現代的な“カワイイ”の感覚へと変換するスタイルはこの曲にも通じるところがある。

 また全体を通してキックは四つ打ちだが、スネアの位置がラテン的でレゲトンを軽くしたようなリズムで一貫しているため、気持ちが浮き立つような晴れやかな雰囲気があり、リズム面においても応援ソングという曲のテーマが忠実に作られているだろう。Bメロで登場する木琴のような音色から受けるトロピカルなイメージなど、リスナーを明るい気分にさせるスパイスもあり単純にポップソングとしての役割も十分だ。

      

「TWICEは新たなポップアイコンへーー現代版バブルガムポップに挑戦した「Wake Me Up」を聴く」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版