>  >  > CUBERS、“推し甲斐”のあるポイントは?

CUBERS、“推し甲斐”のあるポイントは? 『干支かれ』『メイクヒーロー』との親和性を読み解く

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CUBERSが“イケメン2大コンテンツ”とコラボ 

 “聴けるボーイズユニット”として注目を集めているCUBERSが、ニューシングル『それじゃ、よろしく』をリリースした。本作はアルバム、2枚のEPを経て1年9カ月ぶりに発表された彼らの4枚目のシングル。ホーンが響き渡る多幸感あふれるサウンドに、5人のユニゾンが映える表題曲は、恋愛シミュレーションアプリゲーム『干支かれ~十二支に猫が漏れた理由~』の主題歌に決定。カップリング曲「Listen to Miracle」も新感覚朗読劇『メイクヒーローDMM VR THEATER Version』の主題歌に抜擢された。2015年の結成から3年、ライブやSNSを駆使した精力的な活動でファンを増やしてきた彼らに、今追い風が吹いている。

 ここ数年来、“2.5次元”と呼ばれる漫画やアニメなどを原案としたミュージカル、声優たちによるステージは、今やエンターテインメントの一大コンテンツとなった。メンバーを入れ替えながら10年以上にわたって上演され続けている『テニスの王子様』や、“刀剣女子”という言葉も生み出し、メディアミックスに成功した『刀剣乱舞』、アニメ声優陣が作品の中のキャラソンをライブで披露し、さいたまスーパーアリーナを超満員にするほどのプレミアチケット公演となっている『うたのプリンスさま!』など、人気タイトルは枚挙にいとまがないほど。

 今回CUBERSの楽曲が起用されたのも、そんなムーブメントに名を連ねる作品である。「それじゃ、よろしく」が起用された『干支かれ~十二支に猫が漏れた理由~』は、いわゆる“乙女ゲーム”と呼ばれ、10代の女子を中心に爆発的な人気を誇るゲームジャンルの新タイトル。十二支を司るイケメンの神霊たちとプレイヤーが、さまざまな試練を乗り越えながら恋を育んでいく物語は、江口拓也や羽多野渉、三木眞一郎といった豪華な声優陣の参加も相まってリリース前よりすでに話題となっている。一方、『メイクヒーローDMM VR THEATER Version』は安達勇人、井深克彦、中村優一ら若手人気俳優陣と、VR技術を駆使したキャラクター達が舞台上で共演するという斬新な仕掛けの朗読劇。すでに公演は終了しているが、リピーター続出の盛況ぶりで幕を閉じた。

 これらの作品とのタイアップは、まだCUBERSを知らない層に向け、開かれた扉でもあっただろう。特に乙女ゲームや2.5次元にハマる層は、アニメや漫画のみならず音楽やアート、演劇など、総合芸術への興味関心にも高い傾向がある。既存のスタイルとは一線を画し、個性を発揮するアーティストと極めて親和性も高いように思われるのだが、CUBERSのオリジナリティとは一体どんな点にあるのだろうか。

CUBERS、“推し甲斐”のあるポイントは?

Arrow
Arrow
TAKA
ArrowArrow
Slider
 

 そもそもCUBERSとは、“枠に収まらず”枠から飛び出していけるようなグループになれるようにという意味で名づけられた。昨今の男性アイドル/ボーイズグループには珍しく80年代のシティポップやブラックミュージック、ソウルやファンクを取り入れたサウンドスタイルを持ち味とし、評論家筋や早耳の音楽ファンからも支持を集めている。“聴ける”と名乗るのはそんな音楽性ゆえである。また、5人のメンバーそれぞれが行っているソロ活動も異彩を放っている。メインボーカルの春斗は、チャンネル登録者22 万人超える YouTuber・ヴァンビの相方としても活躍中。特技の料理を生かして「春斗コンロ」と題した料理動画もTwitterで配信している。TAKAは俳優として、ミュージカル『スタミュ』や舞台『私のホストちゃん』などに出演。今年はアニメ『戦刻ナイトブラッド』の舞台版の出演も予定されているほか、ファッションモデル業でも躍進中だ。最年少で現役大学生の優は「YAMAHA PAS」のイメージモデルに抜擢され、CMに出演。ダンサー出身の綾介は特技を生かし、自分たちの楽曲の振付を担当する傍ら、アイドル界隈でNo.1 のダンサーを目指している本格派だ。そして末吉9太郎はLINE LIVEでお悩み相談所「9ちゃんにまかせなさい!」を定期的に配信中。絵の才能が買われ、ヴィレッジヴァンガードより自身の絵日記がグッズ化もされている。またAbema TVの『指原&ブラマヨサイテー男』にも出演するなどバラエティ方面での才能も開花させている。

 ひとつのユニットに所属していながら、それぞれのキャラクターや個性が十二分に発揮できているところが何よりも彼らの強み。さまざまなきっかけで彼らを知った人たちにも、“推し甲斐のある”ユニットとして、ますます認知されていくことになるだろう。

 今後は、『それじゃ、よろしく』発売記念として、『2018年春を駆けるTOUR』を各地で開催するほか、5月3日に武蔵野の森 総合スポーツプラザにて行われる野外フェス『Tokyo Street Collection』にオープニングアクトで出演することも決定。より幅広い層へのリーチにも期待がかかる。そんな彼らのパフォーマンスが存分に堪能できるであろうワンマンライブも5月27日にMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで開催される。彼らが新時代を担うユニットとして、シーンを席巻する日も近いかもしれない。

CUBERS 4th Single「それじゃ、よろしく」MUSIC VIDEO

■渡部あきこ
編集者/フリーライター。映画、アニメ、漫画、ゲーム、音楽などカルチャー全般から旅、日本酒、伝統文化まで幅広く執筆。福島県在住。

■リリース情報
4th Single『それじゃ、よろしく』

4月18日
(水)発売
価格:¥1,000(税込)

<収録内容
>
01. それじゃ、よろしく(ゲーム「干支かれ~十二支に猫が漏れた理由 ~」主題歌)
[作詞:堀切裕真・大西洋平 / 作曲・編曲:高橋諒]

02. Listen to Miracle(「メイクヒーローDMM VR THEATER Version」主題歌)
[作詞:大西洋平 / 作曲・編曲:鎌田瑞輝]

Type-A Bonus track.それじゃ、よろしく(凪・CV:中島ヨシキ、氷雨・ CV:ランズベリー・アーサー、CUBERS ver)
Type-B Bonus track.Listen to Miracle(安達勇人・柏木佑介・CUBERS ver)

※Type-A/Bの2形態

 ■ライブ情報
『CUBERSワンマンライブ~それじゃ、ホールワンマン~』
5月27日(日)Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
開場15:15/開演16:00
全席指定・前売¥4,500(税込)/当日¥5,000(税込)※1drink代別・ファミリー席有

『干支かれSPECIAL DAY!』

※終了公演は割愛

4月20日(金)19:00〜
ららぽーと豊洲シーサイドデッキメインステージ

4月21日(土)13:00~/15:30~
新宿マルイメン屋上特設ステージ 

4月22日(日)13:00~
新宿マルイメン屋上特設ステージ

4月22日(日)19:30~

HMV&BOOKS SHIBUYA 7Fイベントスペース

4月28日(土)13:00~/15:30~
モリタウン MOVIX前ガーデンステージ

4月29日(日)13:00~/15:30~
東京イースト21 イースト21プラザ

4月30日(月・祝)15:00~/17:30~
たまプラーザテラス ゲートプラザ1F フェスティバルコート

5月4日(金・祝)14:00~/16:30~
名古屋パルコ店 パルコ西館1階イベントスペース

5月5日(土)13:00~/15:30~
タワーレコード横浜ビブレ店 店内イベントスペース

5月6日(日)13:00~/15:30~ 
アリオ橋本 1階アクアガーデン

5月12日(土)13:00~/15:30~
あべのHoop 1F オープンエアプラザ

5月13日(日)13:00~/15:30~
イオンモ−ル橿原 1Fサンシャインコート

5月20日(日)14:00~/17:00~
東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ

CUBERS HP
CUBERS Twitter(@cubers_official)
CUBERS BLOG

「CUBERS、“推し甲斐”のあるポイントは? 『干支かれ』『メイクヒーロー』との親和性を読み解く」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版