>  >  > Beverly『海月姫』主題歌での感情表現力

Beverly、タイムレスな歌声でさらなる活躍へ 『海月姫』主題歌「A New Day」での感情表現力

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年は初のワンマンツアー『Beverly 1st JOURNEY「AWESOME」』を成功させたことでライブアーティストとしても大きな自信をつけたBeverly。彼女のニューシングルが、2月28日に発売された。タイトルは『A New Day』。意外に思われる方もいるかもしれないが、フィジカルでのシングルリリースは、実はこれが初となる。

 昨年5月にリリースされたデビューフルアルバム『AWASOME』は今もロングヒット中。また小室哲哉と浅倉大介のユニットPANDORAにボーカリストとして参加した曲「Be The One」(『仮面ライダービルド』の主題歌)は最近テレビ番組でもパフォーマンスされ、ますます彼女の注目度が高まっているところだ。そんなタイミングでの初シングル表題曲「A New Day」は、EDM調で祝祭的なノリのあった「Be The One」とは真逆を行くもの。そう、Beverlyの豊かな歌唱力が一層映えるオーセンティックなバラードであって、これを初シングルにもってきたことは、つまり彼女が時流に染まらずタイムレスな曲を歌っていけるシンガーであることの明確な印象付けにも繋がるだろう。

 「A New Day」は話題のフジテレビ系連続ドラマ『海月姫(くらげひめ)』の主題歌。『海月姫』はオシャレや恋愛には縁がなくクラゲに心を寄せて生きてきた主人公が出会いを通して成長していくラブコメ仕立ての物語で、「君」がいるから強くなれる、私らしく生きていけるという思いを込めた楽曲「A New Day」と、確かに結びついている。「自分らしく生きること」と「人を想う気持ち」がドラマの根底に流れるテーマだが、それは楽曲のテーマでもあり、さらに言うならBeverlyという女性がとりわけ大事にしていることでもあるわけだ(それは昨年のワンマンライブのMCから特に伝わってきたことだった)。

 繊細で美しいピアノの音色に導かれるように、Beverlyの抑えられた声がスッと入って歌が始まる。「不安ばかり」だった日の回想に、歌声もまだ少しばかり弱々しさを含んでいる。だが、明日を見つめようとするBメロでボーカルも強さを帯び始め、サビに至って一気に解き放たれる。ひとりじゃないということの確信。未来への希望。それが強くて大きなボーカルにそのまま表れる。間奏のストリングスは流麗で、目の前に長く続く道を指し示しているかのよう。再び始まるBeverlyの歌はもう不安よりも見ている世界が変化したことの喜びを伝えたい気持ちでいっぱいになっているが、しかし演奏が最大限にドラマチックな盛り上がりを見せたあと、もう一度彼女は「ひとりじゃない」ことをしみじみ噛み締めるように静かに歌い(そのとき伴奏はピアノだけになる)、そこからまた「怖くないよ」と自身を勇気づけるかの如く高らかに歌って、ここからの道を確かに歩き出すのだ。1曲のなかでの、この多彩で豊かな感情表現力。歌唱力。これこそBeverlyという歌手の凄さであるなと唸らされもする。

 ところで、この曲がここぞというところで感動的に流れるドラマ『海月姫』はフジテレビ系の月曜午後9時放映、いわゆる「月9」枠だが、そこで筆者が連想したのが2000年に放映されていた松嶋菜々子主演による月9ドラマ『やまとなでしこ』。ラブコメながらも主題歌であるMISIAの「Everything」がかかると途端にドラマチック度が増したものだった。その曲もストリングスの流麗な音色と展開のある曲構成及び豊かな歌唱表現が合わさったバラードで、ドラマのヒットと共に広く聴かれることとなったわけだが、『海月姫』の主題歌「A New Day」にそれとよく似た構造が感じられる。

 もちろん今はあの時代と違ってドラマやCMのタイアップがつけば曲が売れるというものでもないが、しかしエイベックスはもう一度、面白いドラマのここぞという場面で流れる曲が多くの人々の心を動かすというそのステキさにロマンを見だし、そこに賭けようとしているところもあるのではないか。以前の原稿にまとめた通り、実際、Beverlyはこれまでもいくつかのドラマ主題歌及び挿入歌を歌ってきていて、ストーリーを効果的に盛り上げるドラマチックな成分が歌唱自体に含まれていることがすでに証明されている。端的に書くなら、Beverlyの多彩で豊かな歌唱表現はドラマというものとの相性がいいのだ。とりわけこのバラード「A New Day」は、これまでのBeverlyの楽曲よりも日本語の響きが大切にされている。Beverly自身、日本での生活にも慣れ、日本語も上達し、言葉の響きの大事さをより深く理解するようになっている。よってこの曲はこれからのドラマの展開と共に、広く人々の心を動かすことになるだろうし、共感を得ることにもなるだろう。

 〈君がくれた ほんの少しの勇気で 変わった世界〉と、2番でBeverlyはそう歌っている。ラブソングとしてこの曲を捉え、「君」を好きな異性として捉えることももちろん可能だが、それだけの解釈では勿体ない、これはもっと広く普遍的な歌であるだろう。例えば「君」は、Beverlyにとっては幼い頃に背中を押してくれた母親のことかもしれない。あるいは「君」とは、Beverlyにとっての音楽そのものを指すのかもしれない。またライブで歌うとき、きっと彼女は観客たちのことを「君」と捉えて気持ちを込めることだろう。だからもちろんドラマ終了後も、この曲はライブにおいての重要曲として長く歌い続けられることになるに違いない。

Beverly / A New Day Music Video

 なお、このシングルはカップリング曲も非常に充実。軽やかでポジティブなポップ曲「All I Want」(飯豊まりえ出演 アパマンショップCMソング)、ルイス・フォンシの世界的特大ヒット曲「Despacito」のカバー、サウンドプロデュースをつんく♂が手掛けたバラード「Happy now」と異なるタイプの曲が収録されている。わけても注目してほしいのは「Despacito」だ。

 昨年12月14日にマイナビBLITZ赤坂で行われた『Beverly 1st JOURNEY「AWASOME」Encore Tour』で初披露されたそれは、オリジナルにあったフラメンコ調のギターを活かしながら、Beverlyが日本語詞で彼女流に歌ったもの(日本語詞はカミカオルが担当)。アレンジを野崎良太(JAZZTRONIK)が手掛け、初めてBeverlyの歌から妖艶さが引き出されている。プエルトリコ出身のルイス・フォンシのこの曲は先頃のグラミー賞でもまた強い印象を残したが、ジャスティン・ビーバーを始め世界で様々な歌手がカバーしているなか、女性アーティストで最初に日本語カバーしたのがBeverlyだったのが嬉しいところ。南国フィリピンに生まれた彼女はもともとこの楽曲が大好きで、ぜひともカバーしたいとの思いをルイス・フォンシ側に伝えて快諾されたことから実現したのだそうだ。

Beverly / Despacito -official japanese cover- Music Video

 かつては例えばリッキー・マーティンの世界的ビッグヒット「リヴィン・ラ・ヴィラ・ロカ」を郷ひろみが日本語詞でカバーした「GOLDFINGER’99」(♪ア~チ~チ、ア~チの歌詞で有名ですね)のように、強烈な印象を残すラテン楽曲の日本語詞カバーがいろいろあったものだが、そういうことを誰もやらなくなってしまった2010年代において、Beverlyが「Despacito」を日本語詞でカバーしたのは実に意義のあること。彼女の挑戦心と対応力と歌への情熱のひとつの素晴らしい成果とも感じられ、ここからの活躍がますます楽しみになるのだった。

(文=内本順一)

『A New Day【CD+DVD】』

■リリース情報
『A New Day』
発売:2018年2月28日(水)
【CD+DVD】 ¥3,240(税込)
【CD+Blu-ray】¥4,320(税込)
【CD only】¥1,296(税込) 

<CD収録内容>
01 A New Day
全国フジテレビ系 月曜よる9時連続ドラマ「海月姫」主題歌
02 All I Want
飯豊まりえ出演 アパマンショップCMソング
03 Despacito
TBS系テレビ『ランク王国』2月・3月度 オープニングテーマ
04 Happy now
Hands On Tokyo「LIVES」テーマソング(Sound Produced by つんく♂)
05 A New Day(Instrumental)
〈DVD・Blu-ray収録内容〉
・ A New Day(Music Video)
・ Despacito(Music Video)
・ Tell Me Baby(Beverly 1st JOURNEY『AWESOME』Live Movie)
・ Too Much(Beverly 1st JOURNEY『AWESOME』Live Movie)
・ I need your love(Beverly 1st JOURNEY『AWESOME』Live Movie)
・ Empty(Beverly 1st JOURNEY『AWESOME』Live Movie)
・ Dance in the Rain(Beverly 1st JOURNEY『AWESOME』Live Movie)
・ Nowhere to go…(Beverly 1st JOURNEY『AWESOME』Live Movie)
・ 今もあなたが…(Beverly 1st JOURNEY『AWESOME』Live Movie)
・ Unchain My Heart(Beverly 1st JOURNEY『AWESOME』Live Movie)
・ Be The One(Beverly 1st JOURNEY『AWESOME』Live Movie)
・ Just once again(Beverly 1st JOURNEY『AWESOME』Live Movie)
・ Mama Said(Beverly 1st JOURNEY『AWESOME』Live Movie)
・ Never Ever(Beverly 1st JOURNEY『AWESOME』Live Movie)
・ Sing my soul(Beverly 1st JOURNEY『AWESOME』Live Movie)
・ Do That!(Beverly 1st JOURNEY『AWESOME』Live Movie)
・ Amazing Grace(Beverly 1st JOURNEY『AWESOME』Live Movie)

■ライブ情報
『Beverly LIVE TOUR 2018(仮)』
7月1日(日)大阪YESシアター
7月7日(土)名古屋Jammin
7月8日(日)代々木山野ホール

オフィシャルサイト

「Beverly、タイムレスな歌声でさらなる活躍へ 『海月姫』主題歌「A New Day」での感情表現力」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版