>  >  > カイワレハンマーは“YouTuber”の垣根を超える?

カイワレハンマーは“YouTuber”の垣根を超える存在に? ワタナベマホトの多彩な活動に迫る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在では、広く世間に認知されている「YouTuber」という職業。その礎を作ったともいえる古株YouTuberのひとりとして、ワタナベマホトが挙げられる。マホトは中学生当時の2007年、HIKAKINとほぼ同時期にネットへの動画投稿をスタート。その後人気YouTuberとなり、自身のファッションブランドを立ち上げたり、音楽ユニット・カイワレハンマーを結成するなど、多彩な活動をみせている。

カイワレハンマー『BegInner2』

 ユニセックスな風貌で、“イケメンYouTuber”として取り上げられることも多く、女性ファンの数がとりわけ目立つマホト。だが、整ったルックスとは裏腹に、彼の動画は過激な体当たり系のものが中心だ。そのため、活動当初はHIKAKIN同様、小中学生男子からの支持もかなり高かったように思う。

 グループYouTuberも多いなか、基本的にはソロで動画を投稿しているマホトは、同業間でのつながりを日頃からとても大切にしているようにも見える。頻繁にコラボ動画をアップしているだけでなく、過去には「仲間家」と銘打ったシェアハウスを作り、後輩YouTuberであるへきトラハウスやサグワと共同生活を送りながら、彼らの活動を金銭的に支援していた(※へきトラハウスがチャンネル登録者数100万人を突破したことを機に、仲間家は昨年9月に解散)。

 YouTuberとして一定の人気を獲得した2013年には、アーティストのTOMOYAとともにファッションブランド「REBERTAS(リベルタス)」を設立。さらに、同じくYouTuberであるimigaとのヒップホップユニット・カイワレハンマーでは、精力的に音楽活動を展開している。

 もともと、imigaはマホトのリスナー(ファン)であり、マホト主催のオフ会で知り合ったことがきっかけで、二人はユニットを組むに至ったという。ちなみに、「カイワレハンマー」という特徴的なネーミングには特に意味がなく、語感の良さでつけたのだとか。また、こうした音楽活動において、マホトは「BEMA」と名乗っている。

 カイワレハンマーは、2014年に1stアルバム『BegInner』でデビュー。その後、2年間でミニアルバム3枚、同時リリースのフルアルバム2枚、シングル1枚という驚異的な活動ペースを見せ、ツアーも毎回即完。傍目には順風満帆なように見えていたものの、2016年3月に突如活動休止を発表し、ファンを驚かせた。

      

「カイワレハンマーは“YouTuber”の垣根を超える存在に? ワタナベマホトの多彩な活動に迫る」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版