>  >  > みゆはんが放つ特異な存在感

“コミュ障SSW”みゆはんが放つ特異な存在感 2017年要注目、新たな才能への期待

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterフォロワー数19万人を超えるカリスマ的人気を誇る“コミュ障シンガーソングライター”みゆはん。大人気アニメ『けものフレンズ』(テレビ東京系)のエンディング曲に書き下ろした「ぼくのフレンド」が話題となったことは記憶に新しい。メジャーデビュー作となった前作『自己スキーマ』のリリースから半年、早くも2ndミニアルバム『リスキーシフト』が9月29日にリリースされる。自らの経験から生まれたリアルな感情表現に乗せた、超絶ポップでキュートな透き通る歌声が中毒性を高める1枚だ。

みゆはん「リスキーシフト」ダイジェスト映像

 気になるのは“コミュ障シンガーソングライター”という彼女の肩書き。しかし、作り出される作品の雰囲気にはメンヘラ感は一切無く、王道J-POPのラブソングを得意とする彼女。女子ソロシンガーの中でも、特異な存在感を解き放っている逸材だ。詞曲を手がけるのはみゆはん自身。DTMやギターでデモ音源を制作。それをサウンドプロデューサーであるnishi-ken、みきとP(mikito)など、人気クリエイターと楽曲ごとにコラボレーションすることでサウンドを組み立てていく。

 最新作『リスキーシフト』では、ファンへ向けて日々の感謝の言葉を歌った自己紹介ソング、就職活動の経験を歌ったナンバー、恋愛の倦怠期を歌った女の子の気持ちを表現した曲、大好きだというとある大人気ゲームの主人公に感化されたというせつないバラード、猫の気持ちをニャーニャー歌った!?問題作、親子の関係性を歌ったナンバーなど、様々な感情や想いを多岐に渡ってポップに表現。対面コミュニケーションが苦手で内向的であるがゆえに生まれる、リアルで温かみのあるハンドメイドな作品たち。ポップロックなサウンドに乗せて、時折、私小説風でもあるフォークソング的な言葉のセンスが垣間見れるのもユニークだ。

 DVD付き初回限定盤には「ぼくのフレンド」のミュージックビデオがフルバージョンで収録されている。主演は、アフレコ以来の再会となったというアニメ『けものフレンズ』で主人公サーバル役の尾崎由香。しかし、みゆはんはコミュ障であるがゆえにうまくは会話ができなかったそうだ。クリエイティブでのみつながる関係性。それもまた彼女らしいのかもしれない。

みゆはん「ぼくのフレンド」-TVサイズ-(TVアニメ『けものフレンズ』EDテーマ) MV

      

「“コミュ障SSW”みゆはんが放つ特異な存在感 2017年要注目、新たな才能への期待」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版