>  >  > WANIMA、SLSレポ

『SWEET LOVE SHOWER 2017』ライブレポート

WANIMAの陽性メロディックパンクが晴れた空に鳴り渡る フェスの舞台で見せた“成長の証”

関連タグ
WANIMA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スペースシャワーTVが主催する野外ライブイベント『SWEET LOVE SHOWER 2017』が、今年は8月25~27日の3日間にわたって山梨・山中湖交流プラザ きららで開催中だ。リアルサウンドでは、同イベントのライブレポートを掲載。LAKESIDE STAGEのトップバッターを務めたBLUE ENCOUNTの次にお伝えするのは、2015年より3年連続出演するWANIMA。


 初日のLAKESIDE STAGE、3番目に登場したのは、2015年より3年連続出演となるWANIMA。オーディエンスの手拍子に迎えられる形でステージに現れると、「今年もやってきたぜー!」とKO-SHIN(Gu/Cho)が歓喜の声を上げ、FUJI(Dr/Cho)もカメラに向かってすかさずアピール。KENTA(Vo/Ba)は「わーにまー♪」と 歌い出すや否や手を振るようにオーディエンスを煽り、さらに「ラブシャ」コールを促す。持ち前の明るいキャラクターを前面に出した3人のテンションは、相変わらず初っ端から振り切れている。オーディエンスとともに声を合わせ「SWEET LOVE SHOWER初日、WANIMA、開催しまーす!」と堂々の開催宣言だ。

KENTA(Vo/Ba)

 そうして始まったのは「ともに」。陽性のメロディックパンクが晴れた空を爽快に貫いていく、開放的なオープニングだ。オーディエンスのジャンプによって地面は大きく揺れる。いつの間にかサングラスをかけていたFUJIが「SWEET LOVE SHOWERのみんな、あの雲の向こうから富士山引っ張り出すぞー!」と煽るまでもなく、すでに怒涛の盛り上がりである。ここでいつもと違う髪型をしたKENTAが、原宿の美容院で「SWEET LOVE SHOWERで一番目立つ髪型にしてください」と注文したことを暴露。カラフルな編み込みを揺らしながら、「今日は一日長いけん。まだ昼やけん。テーマはひとつ、迷いなんて捨てて後腐れなく楽しんでください」と語りかけていく。

 マイナーコードの響きが特徴的な「オドルヨル」では、曲中のテンポアップを機にフィールドから無数の拳が突き上がる。ギターの音のみをバックにした歌い出しでグッと引き込む「Hey Lady」では、気持ちよく遠くまで伸びるKENTAの歌の裏でFUJIの16ビートも炸裂し、聴き手の高揚感を一層駆り立てていった。そうして短時間の中でも多彩な表情をしっかり見せつつ、ここで「THANX」を演奏。<始まったばかり 主役はお前>というフレーズは、まるで、今この場に集まるオーディエンスに贈られた言葉のように響いた。

「来年もまたここにこれるように俺もやってくけん、みんなもまたここに集まれるように。よろしくお願いします」(KENTA)という約束とともに「CHARM」を届けたあと、「ラブシャ2017のテーマソング」と銘打って「いいから」を鳴らし、ライブは終了。次のステージへ向かうためにLAKESIDE STAGEを後にするオーディエンスの表情は、どれも満面の笑顔だった。


(文=蜂須賀ちなみ/撮影=岸田哲平)

■セットリスト
WANIMA
『SWEET LOVE SHOWER 2017』
2017年8月25(金)山梨・山中湖交流プラザ きらら

1. JUICE UP!!のテーマ~OPENING
2. ともに
3. オドルヨル
4. Hey Lady
5. THANX
6. CHARM
7. いいから

WANIMAオフィシャルサイト
『SWEET LOVE SHOWER 2017』オフィシャルサイト

『SWEET LOVE SHOWER 2017』ライブレポート特集

8月25日(金)

BLUE ENCOUNTの“第二章”がはじまったーーオーディエンスと作り上げた一期一会のライブ

「WANIMAの陽性メロディックパンクが晴れた空に鳴り渡る フェスの舞台で見せた“成長の証”」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版