>  > 青柳翔が語る、歌手活動への思い

青柳翔 2ndシングル『そんなんじゃない』インタビュー

青柳翔 × レーベルスタッフ特別対談「芝居と音楽、相乗効果で表現力を上げていきたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年10月にシングル『泣いたロザリオ』でメジャーデビューを果たした青柳翔が、2ndシングル『そんなんじゃない』を6月7日にリリースした。今回リアルサウンドでは、俳優として精力的に活動する青柳の“アーティストとしての一面”をより深く探るべく、音楽制作を手がけるソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズの井田鉄太郎氏を迎えた対談を企画。同作の制作にまつわるエピソードからは、青柳の“歌”との向き合い方やボーカルとしての特別な魅力を垣間見ることができ、さらには今後青柳が目指すアーティスト像にまで話が及んだ。(編集部)【インタビュー後には、チェキプレゼント&フォトギャラリーあり】※チェキプレゼントは受付終了致しました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

青柳翔と井田氏

作詞家・小竹正人が表題曲で描く“悲しみを背負った大人の男性”

ーー2ndシングル表題曲の「そんなんじゃない」は、前作「泣いたロザリオ」に引き続きバラード楽曲ですが、バラードに軸足を置く理由とは?

井田鉄太郎(以下、井田):青柳さんと初めて会った時、プリプロで4曲ぐらい録ったんですけど、バラード曲の時に聴いた第一声がすごく印象的で。この声を生かすんだったらバラード押しでいこう、ということにすぐ決まりました。そしてそこは2ndでもブレずにいこうと。「そんなんじゃない」は、約300の候補曲から10曲ほど選んで仮歌を録ったんですけど、この曲だね、ってすぐ決まりました。

青柳翔(以下、青柳):歌わせていただいて、自分でも「この曲がいいですね」って言いましたし、素晴らしい楽曲に出会わせていただいたなと思いました。

ーー前作に続き小竹正人さんの作詞ですが、まず「そんなんじゃない」というワードの持つ強さがありますね。

青柳:すごく言葉としてインパクトが強いなと思います。

井田:「そんなんじゃない」なんてフレーズ、出てくるのすごいなと思いますね。正直、青柳さんじゃない人が歌うとちょっと恥ずかしいんじゃないかと思うくらいのフレーズなんですけど、青柳さんが歌うとちゃんと説得力がある。

青柳:いや、でも最初歌う時、ちょっと緊張しましたよ(笑)。

 

井田:(笑)。でもそれぐらいでいいんですよね。それに、小竹さんはおそらく「世の中の人が持っている青柳さんのイメージ」みたいなものを増幅させて書いてるところがあると思うんです。悲しみを背負った大人の男性、というような。

青柳:俺のイメージに合わせて作ってくださってるというのは感じますね。小竹さんは、俳優デビューしたすぐ後ぐらいの頃によく食事もご一緒させてもらっていたし、いろいろ知ってくださってるので、歌詞を読んでいると、俺自身の背中を押してくれるようなメッセージも若干入ってるのかなって感じるんです。歌いやすいように、気持ちが乗りやすいようにと考えて作ってくださってるのかなとは思います。

井田:でも、1stシングル曲の「泣いたロザリオ」の時、青柳さんは初めてのレコーディングということもあって、歌詞の世界観に合っているのかなと思っていたかもしれないですが、僕らはこれくらいのほうがファンタジーとしていいんじゃないかと。音楽があまりにも現実的すぎるとそこに楽しさを見い出せなくなってしまうので、ファンタジー要素もありつつ、その中に青柳さんのキャラクターにも合った世界観がある。一つの作品として楽しんでもらえる絶妙なところを突いてるからいいと思いますよ、って話をして。それで青柳さんも「じゃあいきましょうか」と言ってくれ、レコーディングに臨んだんですよね。

青柳:そうでしたね。

井田:その「泣いたロザリオ」で一回作った青柳さん像というのが基本的には同じ流れで、「そんなんじゃない」に引き継がれてると思います。

ーーその青柳さん像という意味では、「そんなんじゃない」のMVの表現もとても美しく印象的でした。

青柳:今回、MVの撮影は24時間くらいかかったと思います。最後に朝日を狙ったシーンがあって、撮影できる時間帯が限られているので、みんなそこに向かって、いい映像を撮るために一丸となったという感じがします。ただ、かなり寒かったですね(笑)。

井田:寒かった(笑)。映像チームのメンバーが「MVって過酷だなって改めて思った」と言っていましたから、かなり大変だったと思います。映像がああいう形になったのは、「そんなんじゃない」というタイトル、メロディ、歌詞がある意味泥臭い日本的なものだったからだと思うんです。曲の雰囲気をそのまま映像にすると、ベタなものになってしまう……そこを監督がアート作品的な方向にもっていってくれて、いいものが仕上がったなと思います。

ーー青柳さんがMV制作に携わる際は、「アーティスト・青柳翔」ではありながら、「俳優・青柳翔」の部分が前に出てくる感覚でしょうか?

青柳:監督からアドリブで好きな感じでやっていいよ、と言われたので、普段の芝居の感じが生かせるのかなと思ったんですけど、自分的に切り替えできてなかった部分もある。「あ、照れてるな俺」みたいな(笑)。

ーー終盤のセリフのやりとりが生かされてる部分では、まさにドラマのような仕上がりでした。

井田:実は、現場では決まってなかったんです。

青柳:そうですね。芝居の部分は、どこにどう入ってくるか、わからない状況で撮影をしていて。

井田:編集のオフラインを見て、なるほどここに入ったんだって。

青柳:思いました思いました。

ーー音楽活動オンリーでやってらっしゃる方だったら、あそこまでの芝居を求めることはできないと思うので、青柳さんならではの映像かと。

井田:役者さんをやってるからこその映像作りですね。

青柳翔「そんなんじゃない」

「青柳翔 × レーベルスタッフ特別対談「芝居と音楽、相乗効果で表現力を上げていきたい」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版