>  >  > 菅田将暉、ソロデビュー曲で見せる“泥臭さ”

菅田将暉、ソロデビュー曲「見たこともない景色」で見せる“泥臭さ” 素の自分で勝負するシンガーへ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 菅田はインタビューで「家に帰って好きなバンドの色んなボーカルの真似をしてみたり」という言葉から俳優らしい一面を見せつつ、「喋ったり演技しているときの声とはまた違うんですけど、歌ってても、どうしても自分が出るので」と語っていた。(参考:http://fashionpost.jp/portraits/91739)前述した『何者』、グリーンボーイズとしてCDデビューも果たした映画『キセキ ーあの日のソビトー』、「ファンタ」のTVCM……これまでも“歌う”役を数多く経験してきた(現在公開中の映画『帝一の國』でもラップを披露している)。今後はシンガー・菅田将暉として“歌う”ことを楽しみながら、素の自分でどう勝負していくのか。まずは今夜のパフォーマンスを楽しみに見守りたい。

(文=村上夏菜)

      

「菅田将暉、ソロデビュー曲「見たこともない景色」で見せる“泥臭さ” 素の自分で勝負するシンガーへ」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版