>  > LADYBABY、2人の関係性の変化

2ndシングル『Pelo』インタビュー

The Idol Formerly Known As LADYBABYが明かす“関係性の変化”「2人でしか2人を守れない」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「(大森)靖子ちゃんに全部知られちゃったみたいで、恥ずかしかったです」(黒宮れい)

170501_rei.jpeg黒宮れい

ーーではカップリングの「LADY BABY BLUE」ですが、これは大森靖子さんによる作詞作曲ですね。金子さんが撮影、編集したMVも話題になりました。

金子:靖子ちゃんはLADYBABYを始める前からうちらを見つけてくれていた存在なので。初めて仕事でしっかり関わることができて、嬉しいです。曲はうちらの気持ちを代弁してくれてるというか、言葉がほんとうちらだなって思います。

黒宮:一番がれいのこと、2番がりえのことについて書いたって聞きました。

金子:歌詞のボリュームは多くないのに、ぜんぜん濃い! ほんとにひとつひとつが大事な言葉で、2人にとってこれから先もほんとに大切な曲になるんだろうなって。

ーー大森さんとは曲について話したりはしましたか?

金子:してないです。作る前に「どういうのがやりたい?」とかは聞いてくれたけど、ほぼ任せた感じです。

黒宮:私は「靖子ちゃんが見た“れいりえ”のイメージでいいよ」って答えた。自分たちが作ったわけじゃないのに、ダイレクトに自分で書いたみたいな曲になってて。全部知られちゃったみたいで、恥ずかしかったです。ヤバイです。

ーー普段から大森さんとはコミュニケーションを取ってるんですか?

黒宮:はい。おうちに遊びに行ったり、ご飯を一緒に食べに行ったり。そこでいろいろ話したりします。

ーーサウンドの印象はどうですか?

黒宮:最初来た靖子ちゃんのデモと、出来上がりは全然違うよね。

金子:うん。でも靖子ちゃんが作ったものなら何でもいい。

黒宮:デモは靖子ちゃんの弾き語りだったから、こんなバンドっぽくなるとは思ってなくて。だから早くバンドセットで歌いたいなって思っています。

ーー特に印象的なフレーズはありますか?

金子:タイトルとサビの〈LADY BABY BLUE〉。グループ名だし、ブルーっていうのは今のうちらが表されてるなって。でも歌詞は全部好き。

黒宮:れいは〈殺されては美しく成ってきたわ〉が、カッコよくて好きです。

ーーその前のフレーズが〈憧れ壊しても〉ですよね。「何度も壊され、再生している」というイメージが自分たちにあるということですか?

金子:そうですね。ずっと殺されてる。

黒宮:そう。殺されたんですよ。

金子:メンバーが1人抜けたのも、ある意味そうだし。

黒宮:アイドルとしてはいろいろあって。

金子:何回も。

黒宮:2人だけで頑張って再生してきたの。

【Full ver.】“LADY BABY BLUE ” The Idol Formerly Known As LADYBABY【作詞・作曲:大森靖子】

「The Idol Formerly Known As LADYBABYが明かす“関係性の変化”「2人でしか2人を守れない」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版