>  > いま、米国とジャズの歴史を考える

『Jazz The New Chapter4』刊行記念対談(前編)

いま、アメリカとジャズの歴史をどう考える? 柳樂光隆 × 矢野利裕が徹底討論

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャズ評論家の柳樂光隆氏が監修する、ジャズの新潮流についてのガイドブック『Jazz The New Chapter』シリーズの4作目となる『Jazz The New Chapter4』が、3月8日に刊行された。「アメリカとジャズ」に焦点を当てた本書は、ゴスペルやネオソウル、ブラジル音楽といった他ジャンルとジャズの“越境”や、改めて鍵盤の持つ意味を振り返る特集、フィラデルフィアという街の持つ特異性など、様々な視点による分析が盛り込まれている。今回リアルサウンドでは、柳樂氏とレコードショップの元同僚という関係であり、ブラックミュージックやクラブミュージックにも見識のある批評家・矢野利裕氏による対談を行なった。前編では、改めて考える『Jazz The New Chapter』らしさや、同シリーズにおける「モダンジャズ」の位置付けなど、同著には収録されていない柳樂氏のスタンスが次々と浮かび上がった。(編集部)

「コモンの4thアルバム『Like Water for Chocolate』をどう考えるか」(矢野)

ーー『Jazz The New Chapter4』は、様々な文脈が入り混じりつつも、基本的には「アメリカとジャズ」の歴史、そしてフィラデルフィアという街にフォーカスを当てた一冊になっています。

柳樂:今回に関しては、以前に矢野くんがブログに書いてくれた書評の話を回収するような一冊なんだよね。

矢野:たしかにそういう側面がありますね(笑)。一冊目の『Jazz The New Chapter』の時に思ったのは、やはりコモンの4thアルバム『Like Water for Chocolate』(2000年リリース)をどう考えるかというところで。当時、先行の12インチシングルはたしか、「ザ・シックスセンス feat.ビラル」で、そのB面は「ドゥーイン・イット」でした。どちらもDJプレミアがプロデュースしています。当時はまだまだ、サンプリングを主体とした90年代東海岸HIPHOPのモードが日本でも強く、この曲もそういう流れのなかで、ヒップホップ系のラジオやクラブでかなり盛り上がっていた記憶があります。コモンの名盤といえば、やはり「テイク・イット・EZ」を収録した1stアルバム『Can I Borrow a Dollar?』や2ndアルバム『Resurrection』が挙がることが多いですよね。日本ではとくにピアノの綺麗なトラックなどメロディアスなものを好まれる傾向があったから、とくに日本のヒップホップファンにとっては、この2枚がいわゆる「コモン像」になっていたと思います。ただ、4枚目のアルバムには一方で「The Light」という、ボビー・コールドウェルの「Open Your Eyes」をサンプリングした曲や「セロニアス」のようなゆらぎを強調した曲など、サウンド的には多彩です。『Jazz The New Chapter』を読んだとき、気づかないうちに、これらの楽曲が、ロバート・グラスパーなどその後のアメリカのミュージシャンの大きな影響元になっていたことがわかったんです。

ーー『Like Water for Chocolate』は、ビラルを含め、ジェイ・ディラやDJプレミア、ディアンジェロ、クエストラヴなどThe Soulquarians界隈が参加しているアルバムですね。

矢野:それまでNo I.D.が関わっていたのに対し、The Soulquariansが全面的に参加しました。そういう意味でも、この作品はすごく時代の変わり目になったものだったんだと、改めて感じさせられます。『Jazz The New Chapter4』では「フィリー」が一つのキーワードになっていて、ビラルの話やコモンの新作についても書かれています。つまり『Like Water for Chocolate』に対して、当時多くのヒップホップリスナーが見過ごしていた部分が展開されているのがこの本なんです。ネオソウルも、当時ヒップホッププロパーの中ですごく話題になっていて、そこではニューソウルの延長として語られていた印象が強いです。でも、サウンドについてはリアルタイムでなかなか捉えきれていなかったように思う。『Jazz The New Chapter4』では、ネオソウルがジャズと交流しながら育まれていることが、2000年から今までにかけて説明されている点もすごく面白かったですね。

ーーとくに面白かったのは第2章【ネオソウル再考:新世代ジャズとフィラデルフィア】内に収録されている柳樂さんと大和田俊之さんとの対談「フィラデルフィアから紐解くブラック・アメリカの“今”」でした。

矢野:その前の本間翔悟さんによる論考「2000年前後のネオソウル時代から現在までの流れを改めて再検証」も面白かったです。The Rootsがいて、ジェームス・ポイザーがキーマンで、フィリーソウルの生まれた街・フィラデルフィアを舞台にしていろんな音楽の流れができているのがわかる。これを読むと、「フィラデルフィアってどんな街なんだろう?」ということが気になってきます。それが直後の大和田さんとの対談で補足されるわけです。この対談に関しては、無くても音楽本としては成立するかもしれないけど、非常に大事。こういう対談が入ってると『Jazz The New Chapter』らしいなあと感じます。

ーー『Jazz The New Chapter』らしさとは?

矢野:ある音楽作品に対して単発的に打ち返していくという、通常の音楽レビューにとどまらず、場所や人の交流まで網羅したうえで文化論的な視座からも音楽を考察していることだと思います。『Jazz The New Chapter』シリーズっていつも、誰と誰が同じアートスクールとか、同じライブに出てたとか、そういう些細なエピソードを重要視していますよね(笑)。でも、そこが面白い。その延長線上に大和田さんと柳樂さんの対談もあるので、『Jazz The New Chapter』らしさを感じるんでしょうね。

ーー確かに、『Jazz The New Chapter』はロバート・グラスパーの『Black Radio』を起点として、その周辺のシーンを場所や人脈ベースにマッピングするところから始まったものでした。

柳樂:そこは一貫してますよね。なんで『Black Radio』ができたかをひたすら考えて3冊作ったら、ミュージシャンたちがみんな「フィラデルフィア」だというので、今回はフィラデルフィアを紹介した、という流れですし。

矢野:柳樂さんは今回の本を作ってみて、フィラデルフィアという土地をどんな場所だと思いましたか。

柳樂:まず、「ニューヨークから近いけどニューヨークじゃない」というのはすごく大きい要素だと思う。場所が近いからこそ、ニューヨークで活躍するミュージシャンを育てる場にはなっているけど、実験ができるぐらいの時間の流れの緩やかさはあって。ニューヨークみたいに淘汰もされないし、トレンドに影響されすぎない人たちもちゃんと出てきています。

ーー街としての文化的な蓄積と利便性、そして器の大きさが兼ね備わっているということですね。

矢野:フィラデルフィアについて語るミュージック・ソウルチャイルドのインタビューも面白かったです。彼のことはもちろん知っていましたが、ここまで現地のミュージシャンに大きな影響を与えているとは、恥ずかしながら想像だにしていませんでした。

柳樂:わかる。「売れてる人」って認識だったよね。俺もリアルタイムでそんなに関心はなかったもん。

矢野:さっきのコモンの話とも通じるのですが、例えば僕がミュージック・ソウルチャイルドを初めて知ったのは、『ナッティ・プロフェッサー2 クランプ家の面々』のサウンドトラックでした。このサントラは、1曲目がジャネット・ジャクソン「Doesn’t Really Matter」で、2曲目がJay-Zの「Hey Papi」、つまりすごくメジャーで“話題曲がいっぱい入ってるからお得”な一枚という感じ。そして、3曲目にミュージック・ソウルチャイルドの「Just Friends」が収録されている。だから、個人的には「すごくコーラスが綺麗な人」というイメージはあるものの、メインストリームに位置する多くのR&Bシンガーのひとりでしかなく、こんなにもジャズの文脈がある人だとは知る由もなかったです。

柳樂:このインタビューでも話は出てくるけど、フィラデルフィアのセッションシーンーーつまりクエストラヴによる『ブラック・リリー』やキング・ブリットが出ていた『シルク・シティ』って、当時も情報としてはあったわけで。この時期にこぞってフィラデルフィアで録音するミュージシャンが増えたけど、それがなぜかはわかってなかったし、「ただ有名なプロデューサーがいていいスタジオがあるんだろう」くらいに思っていました。だけど、ここまでみんなの口からフィラデルフィアの名前が挙がってくるなら、そこも踏まえてもう1回ちゃんと訊いてみようと。なんでこんなに女性シンガーがたくさん出てきたのかも、ジル・スコットに話を訊くとよく分かったりして。

矢野:ジル・スコットのインタビューで「ブラック・リリーは女性に声を与える場所でした」という発言がありましたよね。この発言はすごく大事だと思いました。この『Jazz The New Chapter』で見えてきたフィラデルフィアの特徴は、やっぱり“音楽教育と教会”の街ということですよね。大和田さんとの対談で、柳樂さんが「教育というのがある種の慣習や伝統から解放されるものとしてあったんじゃないか」と指摘していますが、アメリカ全体の歴史を考えると、やっぱり教育制度ができて“機会の平等”が訪れることはすごく大事です。ここでジル・スコットは「女性でもチャンスを与えられた人」として登場しています。

      

「いま、アメリカとジャズの歴史をどう考える? 柳樂光隆 × 矢野利裕が徹底討論」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版