>  > SUPER★DRAGON毅・彪馬・楽がみせる素顔と理想

SUPER★DRAGONパーソナルインタビュー

SUPER★DRAGON 毅・彪馬・楽がみせる素顔と理想「自分たちだけの魅力を出していきたい」

関連タグ
JPOP
ROCK
グループ
ダンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 超特急やDISH//などを擁するEBiDANの中にあり、ダブステップとヘヴィロックをポップ・ミュージックに取り入れたエッジの効いたサウンドと、メンバーがステージを広く使って魅了するフォーメーション・ダンスやアグレッシヴなパフォーマンスで人気を集めてきた9人組ダンス&ボーカル・グループ、SUPER★DRAGON。彼らのデビュー・アルバム『1st Impact』は、全16曲に結成からデビューまでの約1年間が凝縮された、現時点のベスト・アルバムとも言える作品になっていた。その収録曲を通してこれまでの歩みを語ってもらったリリース直後のインタビューに続いてお届けするのは、3人ごとに分かれてメンバーそれぞれの個性に迫ったインタビュー企画。第一弾となる今回は、ファイヤードラゴンから毅、サンダードラゴンから彪馬と楽を迎え、それぞれの興味や好きな音楽、メンバーとの絆や憧れの先輩、そして目指すべき理想のグループの形を語ってもらった。(杉山仁)

「そのときの精一杯を出したつもりなのに、こんな感じだったんだ」(毅)

ーー今日はメンバーのみなさんそれぞれのパーソナルな話を聞かせてください。そもそも物心がついた頃、3人はどんな性格で、どんなことが好きな子供だったか覚えていますか?

楽:ちょっとだけ覚えているんですけど、僕は小さい頃からよく「家事をやりたい」と言っていたみたいです。それで実際に、3~4歳の頃、掃除機を持っていたり、洗いものをしている写真が残っているんです(笑)。あと、小さい頃は外で遊ぶのはあまり得意ではなくて、工作をするのが好きでした。その当時はまだダンスには全然興味を持っていなかったです。

ーーへええ。そう考えると、今ダンスが得意になっているのは不思議ですね。

彪馬:僕はすごく普通の子供で、トミカとかプラレールで遊んでいました。「これが好きでずっとやっていた」というものはなくて、色んなものが好きでしたね。唯一小さい頃から変わらないのは、『クレヨンしんちゃん』が好きだということ(笑)。今も観てるんですよ。

毅:うちはあえてゲームを買わないような家だったので、外で遊ぶ子供でした。記憶に残っているのは車が好きだったことで、3歳ぐらいの頃は道路をクルマが通った瞬間に「アルファロメオ!」と車種を言っているような感じだったんです。幼稚園のときもずっとそうだったはずですよ。でも、その後『仮面ライダー』を知って、そこで一気に自動車のことを忘れてしまって(笑)。それからはライダーごっこや木登りをよくしていましたね。

ーーなるほど。お互いの小さい頃の話は、今のイメージ通りでした?

毅:楽は今も料理をするのが好きなので、家事が好きだったという話は今に繋がっていますよね。「工作が好き」というのも、特技の折り紙に繋がっているのかも。彪馬も色んなことに興味を持つところはそのままだよね。どこでも遊ぶ少年というイメージなので(笑)。

彪馬:(笑)。でも、毅くんが車好きというイメージはなかったかも! 僕も車は好きなんですけど、すごく意外でした。

毅:「このマツダ・カペラはこの時代のもの」ということも分かるような感じで記憶力は良かったかもしれないですね。

――では、みなさんが歌やダンスに興味を持ち始めたのはいつ頃だったんですか?

毅:僕は母親がピアノの先生だったので、小さい頃から自宅にグランドピアノがあるような環境だったんです。だから、自分にとって音楽はすごく近いものでした。ピアノも3~4歳からずっとやってきたし、物心ついた頃から、それこそ戦隊ヒーローモノや『仮面ライダー』やアニメを観ながら、TVの前で歌ったりしていましたね。その頃から、目立つことが好きでした。そういう意味では今の活動とも繋がっているのかもしれないですね。

ーー毅さんは戦隊モノや『仮面ライダー』シリーズの主人公に抜擢されても似合いそうですね。彪馬さんと楽さんはどうですか?

彪馬:僕は小さい頃から芸能活動をしたいという気持ちはなくて、習い事もサッカーやスイミングをしていました。だから自分の場合、歌やダンスに興味を持ったきっかけはスカウトされたときだったんです。それまではそこまで歌やダンスに興味があったわけじゃないし、自分には遠いものだとも思っていて。でも、スカウトされて初めて興味が出てきたんです。僕はEBiDANに入るのがメンバーの中で一番遅かったので、最初はみんなとのキャリアの差をすごく感じました。でも、はじめてみたらすぐに好きになりましたね。「頑張ろう」というより、ただ楽しんでいたらのめり込んでいった感じでした。

楽:僕の場合は、お母さんが洋楽好きで、小さい頃から家で音楽がかかっていたんです。僕はOasisやGreen Dayが好きでした。ダンスはEBiDANに入ってからですね。

ーー活動をはじめた当初、憧れたり、目標にした人はいましたか?

楽:僕は洋楽の曲のMVをYouTubeで観たりしていましたね。

毅:僕はこの世界に入る前、中学生の頃にEXILEさんや三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEさんが好きでよく聴いていて、自分もダンス&ボーカル・ユニットをやりたいなと思ったのはすごく覚えていますね。

彪馬:僕もまったく一緒なんです。僕もそこでダンス&ボーカル・グループを知って、ダンスでも歌でも魅せられる姿に惹かれたというか。それが最初だったと思います。

ーーダンス&ボーカル・グループは、音楽とパフォーマンスの両方を追究しなければいけないので、ある意味総合格闘技的というか、とても難しいものですね。

毅:そうですね。ステージでの輝き方がすごいなと思ったし、ストレートにかっこいいと思ったんです。だから、いつか共演できる日が来たらいいな、と思っています。

ーー活動をはじめた頃は初めてのことばかりで、色々と大変だったんじゃないかと思います。中でももっとも印象に残っているのはどんなことですか?

彪馬:僕はファースト・ワンマンに向けて一気に新曲が増えたときが大変でした。1~2週間に1曲ずつ増えていくようなスケジュールで、それを覚えるのに必死で。まだはじめたばかりだったので体力もなかったですしね。

毅:9人のフォーメーション・ダンスも、最初は全然慣れていなかったよね。

楽:僕も曲の振りを沢山覚える経験はSUPER★DRAGONに入るまではなかったので、最初はすごく大変でした。僕は立ち位置がなかなか覚えられなくて、みんなに「こっちだよ」って教えてもらったりしていました。

毅:最初は自分の中での理想像はあるのに、後から映像を見たら、手ぶりも何もかも全然それとはかけ離れたものになっていて。「そのときの精一杯を出したつもりなのに、こんな感じだったんだ」と分かったときにすごく悔しかったですね。でも、そのおかげで「ここはもっとこうした方がいいんじゃないか?」「ここはこれぐらいの加減がいいんじゃないか?」と探求心が芽生えてきたんですよ。

8576_1.jpg

ーーそうやって何度も調整していったんですね。活動していて、3人はそれぞれどの瞬間が楽しいですか?

楽:僕はライブをしているときかなぁ。

彪馬:それはもちろんだよね。あと、表に出るときだけではなくて、地方に向かうときの移動の時間も楽しかったりするんですよ。メンバーと喋っていると新たな発見もあったりして、いい時間になっていると思うんですよね。

楽:僕は和哉と一緒になることが多いです。

彪馬:僕は洸希とが多いですね。でも、色々なメンバーとじっくり話す機会になるんですよ。

毅:彪馬と洸希は移動中もめちゃくちゃテンションが高いんですよ。ずっとゲームをしながら「あっ! ここ!」ってワイワイしていて(笑)。自分の場合は、ちょっと喋ったらゆっくり寝たりもするんですけど、2人はずっと元気……。

楽:彪馬はホテルに泊まったときもすごくテンションが高いんです。

毅:まぁ、それはみんなだね(笑)。僕の場合は、ライブももちろん楽しいですけど、やっぱり色んな方と音楽の話をして、好きな音楽を共有できる瞬間がすごく楽しいです。

8832_1.jpg

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版