>  >  > 嵐、5大ドームツアーの見どころは? 

嵐、5大ドームツアーの見どころは? 『Are You Happy?』反映させたメンバープロデュース演出

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 嵐の5大ドームツアー『ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?』が1月8日、福岡・ヤフオクドームにて最終日を迎えた。嵐が5大ドームツアーを行うのは今回が8度目。さらに、5年連続での開催は史上初となる。

 嵐のライブは、ファンクラブに入っていてもなかなかチケットが入手できないことは周知の事実。筆者も残念ながら参加することができず、例年どおりであればリリースされるであろう、ライブ映像作品の発売を心待ちにしている一人だ。しかし、昨年末に行われた東京ドーム公演3デイズ最終日の模様が、翌日の12月29日、朝の各情報番組で一足先に紹介された。この放送を通して束の間ではあるが、ライブに浸ることができた。

 今回のツアーは、昨年10月に発売された最新アルバム『Are You Happy?』を携えて行われたもの。メンバーが思い描く“今の嵐”を表現した本作には、メンバーソロ曲に加え、それぞれがプロデュースした楽曲も収録されていた。今ツアーにもメンバープロデュースの志向が反映され、それぞれのプロデュース曲については、ステージ演出も各メンバーが担当することでオリジナリティが発揮されていた。

 特に『ZIP!』(日本テレビ系)では、そのステージ演出について詳しく紹介されていた。相葉雅紀が手がけた昭和アイドル歌謡のような「青春ブギ」では、大太鼓を抱えたダンサーを従え、学ラン姿のメンバーが応援団スタイルで男気溢れるダンスを披露。松本潤が手がけた爽快なミドルチューン「DRIVE」では、レインボーに光るオープンカーに乗ってメンバー5人が登場。松本が運転席に座ってメンバーを乗せ、会場内のドライブに誘っていた。櫻井翔が手がけた「To my homies」では櫻井がメンバーにラップを伝授したとの紹介が。放送では大野智と二宮和也のラップパートが映し出されていたが、歌唱力に定評のあるこの二人、実にさまになっている。大野は高音、二宮は低音、それぞれの歌声の特徴を生かしたラップを披露していた。

 また『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、各メンバーのソロパートについて少しずつ紹介されていた。デジタルサウンドが印象的なダンスチューン、大野のソロ曲「Bad boy」では、近未来的な映像演出が。宇宙に浮かぶような空間でパントマイムや機械的なダンスを披露した。櫻井翔のソロ曲「Sunshine」では、ブレイクダンスで使われる技の一つ、MAXを決めた櫻井が映し出された。二宮のソロ曲「また今日と同じ明日が来る」では、暗闇の中で光り輝く純白の衣装でかろやかにステップを踏む二宮の姿。相葉のソロ曲「Amore」では、バク宙に失敗するもアンコールでリベンジ、無事成功を収めた様子が紹介されていた。「最後は自分で安全マットを片付ける相葉」というナレーションに少しニヤッとしてしまったファンも多かったのではないだろうか。

      

「嵐、5大ドームツアーの見どころは? 『Are You Happy?』反映させたメンバープロデュース演出」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版