>  >  > 「J-FRIENDS」組の衰えない存在感

太田省一『ジャニーズとテレビ史』第二十五回:J-FRIENDS組の奮闘ぶり

TOKIO、V6、KinKi Kids……今なお存在感示す「J-FRIENDS」組の軌跡

関連タグ
TOKIO
V6
KinKi Kids
JPOP
ジャニーズ
太田省一
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この10月改編で話題になっている各局バラエティ同士による「日7」の争いは、久々にテレビの活気を思い出させてくれるものだ。そしてその「第1ラウンド」(10月16日)の結果は、『DASH×イッテQ!交換留学2時間SP』(日本テレビ系)が視聴率20.5%で他を引き離し、人気番組の貫録を見せたかたちになった。

 この争いはまだ始まったばかりだが、名だたるお笑い芸人が鎬を削るなかで、その中心がTOKIOの番組であることは、ジャニーズとテレビの関係の歴史を改めて感じさせるものがある。

 それまで深夜帯での放送だった『ザ・鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)が現在の日曜夜7時台の放送になったのが、1998年4月のこと。それ以来、「DASH村」や「DASH島」など、本格的なDIYの楽しさが詰まった人気企画を続々と生み出し、あらゆる世代に支持されてきた。

 当初は、真剣に農業や物づくりに取り組むなどジャニーズのイメージを覆すような斬新な企画だったが、TOKIOがこうした分野を切り開いたことにより、後輩グループが様々なことにチャレンジする番組も増えた。とりわけ、嵐の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)やNEWSの『変ラボ』(日本テレビ系)など同じ日本テレビで現在放送中の番組にはそんな印象が強い。

realsound-tokioth_.jpg

(C)タナカケンイチ

 そうしたこともあり、最近は「TOKIO=ジャニーズの兄貴分」的ポジションも確立されている。グループのなかでは一番年下の弟的存在の長瀬智也も、ソロで他の後輩グループの番組に出演すれば、いまや兄貴キャラだ。『2時間SP』での作業中、NEWS・手越祐也から「何やったらいいのか教えてください」と聞かれ、「仕事は自分で探すもの」と答えたTOKIO・山口達也からも、そんな兄貴感が漂っていた。

 山口、そして主演の新ドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)も始まった松岡昌弘が典型的な「頼れる兄貴」キャラだとすれば、リーダー・城島茂は最年長ながら「頼りない兄貴」キャラで際立っている。同じ『2時間SP』でも『イッテQ!』の人気コーナー『Qtube』に参加し、「デンキナマズを素手で引っ越しさせる」など出川哲朗やロッチ・中岡創一といった錚々たるメンバーに交じってプロも顔負けのリアクションを披露していた。

 そんな場に入っても違和感を抱かせない城島の魅力は、彼が関西出身であることもあるだろう。その飄々とした関西弁にはなんとも言えない味がある。

 その城島のいるTOKIO、岡田准一のいるV6、そしてKinKi Kidsと関西出身者のいるジャニーズ所属の3グループによって1997年に結成されたのが「J-FRIENDS」である。1995年に発生した阪神・淡路大震災へのチャリティ活動を目的としたものであった。発売したシングルもミリオンセラーとなり、マイケル・ジャクソンが楽曲提供するなど、ジャニーズの歴史に確かな足跡を残した。

 「J-FRIENDS」は2003年までの期間限定ユニットだったため、いまはもうない。しかし、デビュー当初から息の長い活躍を続け、さらに現在も活動の幅を広げているこの3グループの存在は、ジャニーズのいまを築くうえで大きなものだった。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版