>  >  > 歌の表現力で際立つジャニーズメンバー

NEWS 増田、関ジャニ∞ 安田、WEST 神山…“歌の表現力”で際立つジャニーズメンバー

関連タグ
NEWS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ジャニーズの中で歌がうまいメンバー」に焦点が当たるケースは少なくない。確かに堂本剛や大野智、渋谷すばる、手越祐也など、幅広い層から歌を評価されているメンバーも多いのが事実だ。しかし、歌が上手いというカテゴリーだけではなく、さらに“歌う時の表現力”が際立つメンバーもいると思う。そこで今回は、歌の表現力に優れているメンバーに注目をしてみたい。

NEWS 増田貴久

realsound-newsth_.jpg(C)タナカケンイチ

 歌うまジャニーズとして常に名前が挙がる手越祐也と、テゴマスとして活動している増田。増田は歌詞の言葉一つひとつを大切にし、その意味を伝えるように歌っていると思う。以前、増田は自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『MASTER HITS』(bayfm)で、カバー曲を歌うことに対してこんなコメントをしていた。
 「曲の持っている雰囲気とか、そういう元々の原曲の歌い方をすごく変えたりとか、僕はあんまりしたくないなぁと思いますし。その原曲のファンの方が聴いて“あっ、いいじゃないか~このコラボも、このアレンジも良いよ!”って言って欲しいなぁって思います」。
 多くの場合、カバー曲を披露する際は自分の味付けをしようとする。しかし、リスペクトを持って歌うからこそ、心が込もった増田らしい歌が歌えるのかもしれない。

関ジャニ∞ 安田章大

realsound-kannjyani-eigtth_.jpg(C)タナカケンイチ

 歌にかぎらず、安田の表現力はピカイチだと思う。テレビドラマ『フラジャイル』(フジテレビ系)第5話のゲストとして出演した際も、その演技の表現力に「涙が止まらない」という人が続出し、ネット上で話題になっていた。そんな安田は「アイドル」というよりも「アーティスト」だと個人的には思う。曲のイメージを自分の中で噛み砕いてから、アウトプットしているように感じるのだ。これは、単に与えられた歌を歌うのではなく、作詞・作曲・編曲まで行なうことができる安田だからこそ。コンサートなどでソロ曲を見ていると、歌としてもパフォーマンスとしても完成度が高く、曲の“正解”を分かっていることが伝わってくる。職人気質の安田が創りだす世界観に、聴く者は思わず引きこまれてしまう。

ジャニーズWEST 神山智洋

realsound_westts.jpg(C)タナカケンイチ

 歌にダンス、演技、モノマネ、家事…何でも出来てしまう器用な神山。オールマイティな神山は、リードボーカルはもちろん、ハモリ、フェイク、ラップなど、歌というジャンルに関しても何でもできてしまう。こういうメンバーこそ、個性が目立ちづらく、グループの中で埋もれてしまいがちだ。しかし神山は一味ちがう。モノマネが得意というだけあって、様々な声質を使い分けることができるため、歌詞や曲調によって声質を変えて表現することができるのだ。例えば、1stシングルのカップリング曲「バンザイ夢マンサイ!」では高めでクリアな声、ミニアルバム『パリピポ』に収録されている「SCARS」では低音が目立つ艶のある声と、歌い分けている。これはオールマイティな神山だからこそできる表現なのだろう。

      

「NEWS 増田、関ジャニ∞ 安田、WEST 神山…“歌の表現力”で際立つジャニーズメンバー」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版