>  > ベボベ日比谷野音ライブをレポート

Base Ball Bear『日比谷ノンフィクションⅤ~LIVE BY THE C2~』

Base Ball Bear、初の3人体制で迎えた恒例日比谷ライブで「まだやりたいことがある」

関連タグ
Base Ball Bear
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Base Ball Bearが4月30日、日比谷野外大音楽堂で『日比谷ノンフィクションⅤ~LIVE BY THE C2~』を開催した。

 本公演は、Base Ball Bearがデビュー10周年と結成15周年の節目に行った2016年春ツアー『LIVE BY THE C2』のファイナル公演。また、恒例となっている“ノンフィクションシリーズ”の5回目で、昨年に引き続き開催された。3月2日に湯浅将平(Gt)が脱退するという発表があり、同公演はツアーでもサポートを務めていたフルカワユタカ(ex.DOPING PANDA)に加え、石毛輝(lovefilm/the telephones)、田渕ひさ子(toddle/LAMA)、ハヤシ(POLYSICS)がギタリストとしてゲスト出演した。

20160506-furukawa.jpg

 

 冒頭、フルカワユタカ(ex.DOPING PANDA)とともにBase Ball Bearが登場すると、観客は立ち上がって拍手で迎えた。最初の1音が鳴り響くと同時に、白い光がステージに差すと「シリーズ “三十一”」と題してリリースしたエクストリーム・シングルより「『それって、for 誰?』part.1」、「不思議な夜」の2曲を演奏した。小出祐介(Vo/Gt)が鋭利なギターのカッティングを披露した「曖してる」では、まだ陽の残る野外音楽堂のフロアを沸かした。

20160506-bbb5.jpg

 

 最初のMCで小出は、湯浅の脱退について報告。「これからもBase Ball Bear、3人のバンドとして頑張っていくので、ぜひ引き続き宜しくお願い致します」と述べると、会場からは温かい拍手が寄せられた。フルカワユタカの挨拶が終わり、登場した次なるギタリストは田渕ひさ子(toddle/LAMA)。小出はナンバーガールへの憧れを語った後、「レコーディングの時に田渕さんの音色を頭に浮かべながら作った曲を」と紹介し、「こぼさないでShadow」を披露した。

-20160506-sekine.jpg関根史織(Ba)

 立て続けに2015年リリースの最新曲を演奏した後、「short hair」のイントロが始まった瞬間、大きな歓声が上がった。小出の芯のある歌声にサビで重なる関根史織(Ba)のコーラスが会場中に響き渡る。間奏では田渕がかき鳴らすギターに真剣に耳を傾ける観客の姿も。また「PERFECT BLUE」では、演奏が進むに連れ、会場の雰囲気もどんどん明るくなっていった。

「Base Ball Bear、初の3人体制で迎えた恒例日比谷ライブで「まだやりたいことがある」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版