>  >  > 大森靖子は“戦友”を手に入れた

『HELLO WORLD!MYNO. IS ZERO』レポート

大森靖子は“戦友”を手に入れたーー赤坂BLITZワンマンで見せたバンドの団結力

関連タグ
JPOP
ROCK
シンガーソングライター
バンド
土佐有明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年10月に男児を出産したばかりの大森靖子が、産後初となるワンマンライブ『HELLO WORLD!MYNO. IS ZERO』を赤坂ブリッツで行なった。

 3月23日にメジャー・セカンド・アルバム『TOKYO BLACK HOLE』がリリースされることもあり、大森は同作に所収される4曲も披露。セットリストは来るべき新作への期待をおおいに膨らませるものだった。特に『絶対少女』以降、プロデューサーやバンドマスターとして大森に関わっている直枝政広(カーネーション)が彼女とデュエットする「無修正ロマンティック~延長戦~」はこの日の目玉のひとつ。この曲は作詞を大森と直枝が共同で行っており、ふたりが交互にメイン・ヴォーカルを取るスタイルで演奏された。

20160224-omori12.jpg

20160224-omori4.jpg

畠山健嗣(g)

 また、開演前のBGMで宇多田ヒカルやglobeが流されたり、大森が思春期にカラオケで物真似をしていたというSPEEDの「BODY&SOUL」のカヴァーも演奏されたりと、彼女のルーツが垣間見えるライブだったのも興味深い。大森靖子の半生を詩人の最果タヒが文章化した『かけがえのないマグマ 大森靖子激白』(名著!)で、大森は「カラオケで歌を歌うのに何故金を払わなきゃいけないのか分からなかった」と思いながらも、好きな歌があれば夢中で歌っていた、という趣旨の話をしている。だが、大森はこの日、当時カラオケで歌っていたSPEEDの曲を、彼女たちと同じエイベックスからデビューし、プロのミュージシャンとして満員の観客の前で披露したのである。愛媛で鬱屈とした日々を送りながら、カラオケでSPEEDや浜崎あゆみを歌っていた思春期の大森に、「あなたは将来、エイベックス所属のプロのミュージシャンとしてライブでこの曲を歌いますよ」と教えたら、果たして信じてくれるだろうか……!?

20160224-omori5.jpg

tatsu(b)

20160224-omori6.jpg

奥野真哉(key)

 そんなこの日のライブだが、特筆すべきは、弾き語りはアンコールの4曲のみで、それ以外はすべて直枝政広(g)、畠山健嗣(g)、tatsu(b)、奥野真哉(key)、ピエール中野(ds)によるバンド・サウンドで固められていたことだろう。彼らのタイトでストロングな演奏は一分の隙もなく、主役の大森の魅力を見事に引き立てていた。しかも、MCでピエール中野や直枝と微笑ましいやり取りを交わしたり、「新宿」のギター・ソロ・パートで畠山を煽ってみたりと、大森がメンバーと打ち解け、心を許していることが伝わってくる。かつて弾き語りで膨大な数のライブをこなしていた大森だが、今は全幅の信頼をおけるバンド・メンバーがいるのだ。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版