>  >  > でんぱ組.incの新曲にみる“戦略転換”

柴 那典のチャート一刀両断!

でんぱ組.incの新曲に見るグループの戦略転換 「ドキュメント」から「シンパシー」への変化を読む

関連タグ
でんぱ組.inc
JPOP
アイドル
グループ
チャート
柴那典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2015年09月14日~2015年09月20日のCDシングル週間ランキング(2015年09月28日付)

 今週のオリコンシングルランキングは、1位にGENERATIONS from EXILE TRIBE『ALL FOR YOU』、2位にでんぱ組.inc『あした地球がこなごなになっても』、3位にFTISLAND『PUPPPY』、4位にAAA『愛してるのに、愛せない』、5位にコトリ with ステッチバード『宇宙ダンス』という並びとなった。

 注目は2位のでんぱ組.inc『あした地球がこなごなになっても』。6月にリリースした『おつかれサマー!』に続く約3ヶ月ぶりのシングルは、初週4.5万枚を売り上げ、自己最高の初登場2位を達成している。6月からは世界7カ国をまわるワールドツアーを行ってきた彼女たちだが、日本においても着々と人気を拡大していることを証明した形となった。

 そして、『おつかれサマー!』以降のシングルの曲調からは、でんぱ組.incが、持ち前の「ぶっ飛んだカラフルさ」を活かしつつ、より広い層をターゲットに見据えた戦略に転じてきていることも見受けられる。一言でいうと「ドキュメント」から「シンパシー」へ。つまりは「自分のこと」から「みんなのこと」を歌うようになってきた、ということだ。

 でんぱ組.incの出世作となった「W.W.D」(2012年)は“マイナスからのスタート”をキーワードに、オタクだったゆえの辛い過去も包み隠す明かし、全てメンバーの実話で構成されたノンフィクションソング。

【生きる場所なんてどこにもなかった】でんぱ組.inc「W.W.D」Full ver.

その続編「W.W.D II」(2013年)は、ブレイク渦中で変わりつつある6人の姿と決意をそのまま歌詞にしたドキュメンタリーソングだ。

でんぱ組.inc「W.W.D Ⅱ」MV【マイナスからのスタート、やっぱキツい!?】

そしてライブでも最も盛り上がる代表曲の一つとなった「サクラあっぱれーしょん」(2014年)は、「君の未来を明るく照らすなんて お茶の子さいさいさい」という一節が印象的な陽気ではっちゃけたナンバー。ただ、これも「Hey yo, D.E.M.P.A from Akihabara to everywhere」という一節で始まる、彼女たち自身の自己紹介ソングのような一曲だ。

でんぱ組.inc「サクラあっぱれーしょん」MV

 一方、「Mステ」初出演も果たした「おつかれサマー!」から、そのあたりの書き方が少しずつ変わっている。北川悠仁と前山田健一が共作した「おつかれサマー!」の歌詞は、「LINEであっさり ドタキャーン スタンプで お返事」「恋愛より友情!? グループ作って 招待!」と、今どきの10代や20代の恋愛コミュニケーションのディティールをとりこんだもの。彼女たち6人自身のドキュメントというよりは、「キラキラした夏の恋に憧れる女の子」の共感を誘うストーリーになっている。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版