>  >  > “音楽をLINEする”時代が目の前に

いよいよ“音楽をLINEする”時代に? 〈コミュニケーション×音楽=LINE MUSIC〉スタートへ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150528-line.jpg

 

 昨年10月、本格的に音楽事業へ参入することを発表したLINE。スマホの普及によってキャリアメールが衰退し、今やコミュニケーションツールとして欠かせない存在となっているLINEが仕掛ける〈LINE MUSIC〉とは、いかなるサービスとなるのか。

 LINE、エイベックス・デジタル、ソニー・ミュージックエンタテインメントの3社が新会社「LINE MUSIC株式会社」を設立。定額制のストリーミング音楽配信サービスは、早ければ2014年年末にもスタートされるとささやかれていたが、万全の準備を整え、ついにティザーサイトがオープンとなり、サービス内容が確認できる動画も同時に公開となった。

 

 
 普段LINEで会話をするように音楽をトークで送れるようで、ポップなイメージを想起させるLINEとは、やや一線を画す印象的なデザインも垣間見える。

20150528-line3.jpg

 

 MUSIC UNLIMITEDがサービスを終了し、スポティファイの国内スタートに至ってはいまだ音沙汰なし。その一方で、YouTubeやiTunesがサブスクリプション型音楽配信サービスに参入することを表明している今、日本最大手のコミュニケーションツールとなっているLINEが仕掛ける〈LINE MUSIC〉は、ユーザーの音楽環境をどのように変えることができるのだろうか。RealSoundでは継続的にLINE MUSICの動向に注目していきたい。

(文=編集部)

「いよいよ“音楽をLINEする”時代に? 〈コミュニケーション×音楽=LINE MUSIC〉スタートへ」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版