>  >  > 2014年のグループアイドル総括

岡島紳士のアイドル最新マッピング 第14回 2014年グループアイドル振り返り

BABYMETAL、でんぱ組.inc、乃木坂46、モーニング娘。… 2014年グループアイドルシーン振り返り

関連タグ
AKB48
BABYMETAL
でんぱ組.inc
乃木坂46
チームしゃちほこ
9nine
ベイビーレイズ
スマイレージ
Dream5
JPOP
アイドル
グループ
ライブ
岡島紳士
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2014年、アイドルシーンは更なる盛り上がりを見せた。BABYMETALやでんぱ組.incの大躍進や、アイドルカルチャーの定着化と市場拡大…。今回はこれらをトピックごとに分け、振り返って行きたい。

BABYMETALとでんぱ組.incの躍進

 メタルとアイドルの融合を掲げたBABYMETALは、2014年に最も大きく飛躍を遂げたアイドルグループだ。2月発売の1stアルバム『BABYMETAL』は、iTunes Storeにおいて7ヵ国のロックアルバムチャートでベスト10入りを果たし、7月からはフランス、ドイツ、イギリス、アメリカ、日本を巡るワールドツアーを行った。イギリスのSonisphere Festivalでは約5万人の観客の前でパフォーマンスを披露。さらにレディー・ガガのライブツアーにも帯同し、ロンドンで開催したワンマンライブでは約5000人を動員。9月には幕張メッセにて2daysのワンマンライブも開催した。

 メンバーそれぞれにオタク属性があるでんぱ組.incは、5月に武道館での単独公演を開催し、約1万人を動員。台湾や香港など海外公演も多数行い、10月からは地上派初の冠番組「でんぱジャック World Wide Akihabara」(フジ系)がスタートした。

 両グループに共通しているのは、メタルと電波ソングといった音楽的コンセプトを中心に据えていること。こうしたコンセプトが根幹にあることで、数多くいるアイドルとの差別化ができている。その上で海外フェスに出演したり、世界観を壊さない範囲で別ジャンルのカルチャーを取り入れたりと、訴求する層を積極的に広げているのが、成功の大きな要因となっている。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版