>  >  > 嵐、MVメイキング映像の面白さ

嵐、新アルバムのメイキング映像に見る絆の強さ 舞台裏のメンバーの素顔とは

関連タグ
アイドル
ジャニーズ
松下博夫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140214-arashi.jpg

結成15周年を迎え、ますます勢いを増す嵐。

 嵐の新アルバム『THE DIGITALIAN』が10月22日に発売され、初週売り上げが約66万枚を突破し、話題を呼んでいる。初回限定版にはリード曲である「ZERO G」のMVと、そのメイキング映像も収録、ファンにとって嬉しい特典となった。本稿では、メイキング映像の魅力について解説したい。

 「ZERO G」は、リーダーの大野智がMVという形では初めて振り付けを担当しており、メイキング映像ではその狙いや見どころが、メンバーたちの口から直接語られている。今回のダンスはサビで揃って腰を振るシーンが特に印象的で、大野によると「5人でかわいい、キャッチーな感じにしたかった」とのこと。振り付けはメンバーにも好評で、相葉雅紀は「リーダーの振り付けの中では一番セクシー。30代の腰の振り方になってきたよね。味が出てきたっていうかね」と、同シーンの魅力を語っている。実際、全員で腰を振るダンスはインパクトがありつつも、しかしアイドルらしさを保っていて、コミカルな楽しさがある。

 また、今回のアルバムに向かう5人の姿勢が垣間見れるのも、この映像の興味深いところ。櫻井翔は「15周年で我々はなにかを形にするということを選ばなかったから。15周年でどうこうというより、もっと先を見ましょうというスタンスを示している」と語り、相葉もまた「いい意味でのやり過ぎている感がある。今までの嵐にはあんまりなかったですね」と、同作が嵐にとって15年目の“記念作”ではなく、気合いみなぎる“挑戦作”であることを明かしている。“デジタルと嵐の融合”というテーマしかり、大野のMV振り付けしかり、見どころ、聴きどころの多い作品となったのは、メンバーの前向きな姿勢の表れといえよう。

 メンバー同士の仲の良さやコンビネーションの良さが感じられるのも、この動画のポイントのひとつ。櫻井と相葉が大野を“先生”と呼び、ダンス指導をしてもらうシーンや、いたずら好きの二宮和也がカメラを持ち、大野を執拗に撮り続けるシーンは、ファンにとって心躍るものがあるだろう。二宮が大野をこぶしで突いてちょっかいを出すシーンには、まるで少年のような無邪気ささえ感じる。舞台裏だからこその、気のおけない仲間同士のコミュニケーションに、グループの結束の強さを垣間見るファンも多いのではないだろうか。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版