>  >  > 大森靖子、東京キネマ倶楽部初日レポ

「宗像明将の現場批評〜Particular Sight Seeing」第3回 大森靖子『☆2日間で超楽しい地獄をつくる方法☆』

大森靖子、「個」によるメインシーンへの挑戦ーー東京キネマ倶楽部で圧巻のステージ

関連タグ
JPOP
シンガーソングライター
ロック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_9275_mini-02th_.jpg

PHOTO BY Masayo

 2014年10月2日、「大森靖子メジャーデビューシングル『きゅるきゅる』発売記念2DAYS!『☆2日間で超楽しい地獄をつくる方法☆』」の初日公演が東京キネマ倶楽部で開催された。

 会場に着いてまず驚かされたのが、フロアの前方が女性ファンで埋まっている光景だった。この夏の大森靖子は、メジャー・デビュー・シングル「きゅるきゅる」の2014年9月18日のリリースに向けて、夏フェスでのパフォーマンスで話題を起こしながらも、一方で表現力の高さをしっかりと観客に印象付け、マスメディアにも積極的に露出。結果的に「きゅるきゅる」は、オリコン週間シングルランキングの20位にランクイン、タワーレコード全店総合シングルチャートではなんと4位を記録した。1年前に想像もできなかった状況だ。前述した女性ファンの多さも、そうした活動の成果なのだろう。

 加地等の歌が会場に流され、ステージにはピンクの装飾が吊られている。そして異様な存在感を放つのが、性器をモチーフにした巨大なハートマーク。上部には「処女膜再生」と書かれていた。

 10月2日の初日公演は、大森靖子の弾き語りと大森靖子バンド編成によるステージだとアナウンスされていた。バンドのメンバーは、直枝政広(カーネーション)、畠山健嗣(H Mountains)、tatsu、奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)、久下恵生。直枝政広がプロデュースした2013年のアルバム『絶対少女』のリリース後にツアーをした、いわゆる「絶対少女バンド」だ。

 開演と同時に、直枝政広のうなるようなエレキ・ギターに導かれてフリーフォームなセッションが始まり、そこから「きゅるきゅる」へ。リボンをした新衣装の大森靖子は、ステージに現れるなりiPhoneでファンを撮影したり、自撮りをしたりする。続く「少女3号」は『絶対少女』の収録曲。大森靖子もアコースティック・ギターを抱えて歌い、メジャー・デビュー以前と現在がひとつのバンドのグルーヴで接続された。そしてファンに拍手する間も与えずに「新宿」へ。大森靖子はモニタースピーカーに足をかけ、スカートをめくり上げて太もももあらわにしながら歌う。床に寝転がったかと思うと、一段高いステージへ上り、吊るされているくす玉の紐を引く。すると落ちてきたのは「私は悪くない」と書かれた垂れ幕だった。

 そして『絶対少女』というアルバムを象徴する楽曲である「絶対彼女」へ。2013年の大森靖子は、少女たちを肯定するため『絶対少女』というアルバムを制作した。そして2014年の大森靖子は、他者に否定されるリスクを背負ってでも世間へ出て行こうとしているのだ。振り付けが加えられ、現在の大森靖子のものとしてアップデートされている。ステージに立つそんな大森靖子の姿に静かに感動した。

 「エンドレスダンス」では、バンドの繊細なプレイや直枝政広のコーラスを聴かせ、一旦バンドは退場。シームレスに大森靖子の弾き語りへ進行していった。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版