>  >  > みるきーは鉄のハートの持ち主?

SKE48兼任の渡辺美優紀、大久保佳代子の“口撃”にも涼しい顔「なに言っても傷つかない鉄のハート」

関連タグ
SKE48
JPOP
アイドル
エビショー!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SKE48のメンバーが、職業をテーマにした様々なバラエティー企画に挑戦する番組『エビショー!』(日本テレビ系)。9月16日放送分では、「アイドル企画」をテーマに職業体験が繰り広げられた。

 同番組は、メンバーが“私立エビフライ女子商業高校”という架空の学校の生徒になりきり、MC・大久保佳代子の厳しい指導のもと、様々な職業を体を張って学ぶというもの。

 冒頭、大久保が発表した「アイドル」というテーマに、自身もアイドルであるSKE48のメンバーは困惑。続けて大久保が「みなさん、ぱっと見ると若干ブス(な容姿)が目立つ。でも若干のブスもアイドル性でカバーできるんです。だから今回はみなさんにアイドル性を学んでいただきたい」と企画の意図を説明し、授業がスタートした。

 まずは「レギュラーチーム」と「補欠チーム」に分かれたメンバーが、「ニコニコ耐久ストレッチャー」という種目で対決。同種目は、2人組になった両チームの代表選手のうち、1人をレッグストレッチャーにそれぞれ乗せ、もう1人は0~9の数字が書かれたルーレットを回す。そして出た数だけ対戦相手のストレッチャーを広げるハンドルを操作できるというもので、これを交互に繰り返し、先に笑顔が無くなったチームが負けるというゲームを繰り広げた。この競技では補欠チームから小石公美子と市野成美、レギュラーチームから松井珠理奈と木本花音の2名が参戦。小石はストレッチャーに乗せられ、股をほぼ180度くらい開かれても笑顔を貫いたが、それ以上に松井の引き運が強かったため、次々とストレッチャーが拡げられ、絶叫しながらギブアップを宣言してしまった。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版