>  > 9mmが語るバンドとライブと今後

菅原卓郎+かみじょうちひろが新作『Greatest Hits』を語る

9mm Parabellum Bulletが10年で到達した場所とは?「ロックの水を求める人たちに道を作っておく」

関連タグ
9mm Parabellum Bullet
JPOP
ROCK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140709_9mma.jpg

 デビュー10周年を迎えた9mm Parabellum Bulletが、7月9日にベストアルバム『Greatest Hits』をリリースする。これまでのシングル、EPの表題曲だけではなく、初回限定生産盤にベストライブ音源も収録された本作は、CD音源とライブパフォーマンスの両面において、バンドの10年の軌跡を辿ることができる作品である。今回リアルサウンドでは、今やライブシーンを代表するバンドとなった彼らにインタビュー。菅原卓郎(Vo&G)とかみじょうちひろ(Dr)に10年間のパフォーマンスを振り返ってもらうと同時に、バンドシーンはどう変化してきたか、さらにはこれからの音楽の届け方についても語ってもらった。

菅原「初期の自分たちを見ていると『こいつら、何て危ない橋を渡ってるんだ!』って思う」

――結成10周年の節目にリリースされるベストアルバム『Greatest Hits』は、これまでのシングル、EPの表題曲が収録されたCDとなっていて、初回限定生産盤『Greatest Hits~Special Edition~』にはこれまでのベストライブ音源「Selected Bullet Marks」がDisc2に付属されています。2枚組となった経緯とは?

菅原卓郎(以下 菅原):ベストアルバムのミーティングをしていて、いろいろとアイディアを出していた中で、滝(善充)が「ベスト盤の方はシンプルにシングルを集めたものでいいんじゃないか?」と提案したんです。その理由は、LUNA SEAGLAYとかBLANKY JET CITYとか「自分たちが子供の頃音楽に出会ったきっかけはベスト盤だった」ということで。はじめから2枚組にすることは決まっていたので、もう1枚は遊んだもの、9mmらしいことをしよう、と考えてライブベスト盤にしました。しかも最近のものだけではなくて、初めてやったワンマンライブの1曲目から始まるという、歴史を辿っていく作りです。

かみじょうちひろ(以下 かみじょう):そもそも「ライブベストを」と言い出したのは俺です(笑)。「普通にベスト盤出すことは数多のバンドがやってきていることだから、ライブベストにしたら面白くね?」って言って。

菅原:EPのカップリングは、ライブをまるごと1本入れるっていうのをやってきたから、かみじょうくんの意見を聴いたときに「そういう感じになるな」というイメージは湧きましたね。

――ライブ音源のほうは初期の荒々しい演奏が特に印象的ですね。改めて過去のライブ音源と向き合って、どんなことを感じましたか。

かみじょう:当時の自分たちの武器はテンションのみだったなと。技術的なところではなくて、良いテンションのみが収録されていると思います。で、そのテンションは今やろうと思っても表現できないもので、そういうものが音源として閉じ込められていて、いいなと思いました。

菅原:再演することはできても、過去のものを完全に再現することは無理です。こういう風にはもう弾けないもんね?

かみじょう:どっかの偉いミュージシャンが「音楽は二度と同じ表情をしない」とか言ってましたけど、たぶんそれなんだと思います(笑)。

菅原:初期の方の音源はコードを間違えたりとか、ものすごいミスが入りまくってますけど、むしろそれがいいというか。「こいつら、何て危ない橋を渡ってるんだ!」とか「すげー間違えてるけど最高」って思いましたね。そのときのその瞬間が収められていて良いですね。動きまくってライブしてる奴のほうが絶対かっこいいって思ってましたから当時は「いけるところまでやりたい」という気持ちでしたね。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版