>  >  > Not yet、1stアルバムにして最終作?

Not yet、1stアルバムにして最終作? 収録曲では大島優子ら各メンバーの個性が明らかに

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AKB48の派生ユニットで、大島優子、指原莉乃、横山由依、北原里英の4人で構成されるNot Yetが4月23日にリリースしたファーストアルバム『already』が、オリコン週間ランキングで1位を獲得し、シングルと合わせて通算5作目の1位獲得となった。

 キャリア初のアルバムが上々な滑り出しを見せたNot Yetだが、大島優子の卒業が目前に迫っている今、同ユニットの“存続問題“は無視できない状況にある。

 4月29日に行われたHKT48のアリーナツアー『HKT48アリーナツアー~可愛い子にはもっと旅をさせよ~』で、指原はNot Yetについて「事実上解散グループ!」と発言するなど、大島卒業後の見通しに関してはまだ不透明な部分が多い。そこで今回は“ファーストアルバムにしてラストアルバム”になるかもしれない今作を、それぞれの個性と共に振り返りたい。

 Not yetの楽曲については、以前リアルサウンドでもエドボル氏が語っていた通り、ももいろクローバーを意識したかのようなMVとサウンドの『週末Not yet』でデビューしたが、すぐに『波乗りかき氷』などのAKBフォーマットの楽曲へ移行。その後、大島優子が一躍世間に広く知られ、AKB48の顔として活躍していたこともあってか、2013年には『ヒリヒリの花』という“ヘビロテ路線”のシングルをリリースしている。(参考:世間のAKB48離れを食い止めろ! 大島優子、指原莉乃らの“重役ユニット”Not yetへの指命

ヒリヒリの花 / Not yet

      

「Not yet、1stアルバムにして最終作? 収録曲では大島優子ら各メンバーの個性が明らかに」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版