>  > ゲス極、ワンマンツアー開催を宣言

ゲスの極み乙女。の快進撃続く 主催イベントで全国7ヵ所ワンマンツアーを発表

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140221-indigo-thumb.jpg川谷絵音が率いるindigo la End。

 ゲスの極み乙女。とindigo la End の中心人物、川谷絵音によるライブイベント『エノンと愉快な仲間たち Vol.1』が2月19日(水)渋谷WWWにて開催された。

 出演バンドは、前出の2バンドにくわえ、ゲスの極み乙女。のメンバーちゃんMARI(Key)が所属するCrimson、同じくゲスの極み乙女メンバーほな・いこか(Dr)が所属するマイクロコズムの4バンド。indigo la Endを率いてステージに登場した川谷絵音の「ようこそ『エノンと愉快な仲間たち』へ!」との一言で、イベントの幕が開けた。

 「レナは朝を奪ったみたいだ」「キャロルクィーン」「緑の少女」「彼女の相談」といったファンの間ではお馴染みの楽曲を続けて披露し、MCでは「1年ぶりの3rd mini Album『あの街レコード』を4月2日にリリースします。今までと違う作風になってるので是非聴いてみて下さい」と、メジャーデビューミニアルバムの告知を行った。その後、『あの街レコード』収録の「ダビングシーン」を披露し、最後は「名もなきハッピーエンド」で締め括った。

 続いてステージに登場したCrimsonは、ドラムの竪山博樹が諸般の事情で今回のイベントに不参加となったため、ボーカルの川中梢と、キーボードの福重まり(ちゃんMARI)の2人編成でライブに臨んだ。indigo la Endのステージで熱気に包まれた会場を、しっとりとした”大人”なサウンドでクールダウンさせた。

 3番目に登場したマイクロコズムは、ボーカル・ギターの太田美音が機材トラブルに見舞われながらも、ドラムの佐藤穂奈美(ほな・いこか)がサービス精神旺盛な笑いを取るつなぎにより事なきを得て、最後の曲までパフォーマンスを披露。リズム隊なしの編成で臨んだCrimsonの後ということもあり、よりいっそう佐藤穂奈美のドラムが映えるステージングとなった。

      

「ゲスの極み乙女。の快進撃続く 主催イベントで全国7ヵ所ワンマンツアーを発表」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版