『ホーム・アローン』の家がAirbnbで1夜限りの貸し出し 物件のホストはまさかの人物

『ホーム・アローン』の家をレンタル

 映画『ホーム・アローン』の舞台となった家が、Airbnbにて1夜限定で貸し出される。

 イリノイ州ウィネトカにある、映画『ホーム・アローン』の舞台となった家が貸し出されるのは12月12日。主人公・ケヴィン・マカリスターのように廊下を叫びながら走りたい人にピッタリの家である。2012年に約1億8000万円で売却され、現代風にアレンジされている家だが、1990年に公開された映画の撮影時とほぼ変わらない状態を保っているようだ。

(画像=Airbnb)
(画像=Airbnb)
(画像=Airbnb)

 この物件の一番のポイントは、映画の主人公ケヴィンの兄、バズがホストを務めているところだろう。壁にはバズの顔写真が貼ってあり、「私たちは歳をとり、賢くなったが(今は自分のセキュリティ会社も持っている)、クリスマスのイタズラは何歳になっても良いものだ」と説明文で語っている。さらに、映画に登場したペットのタランチュラの世話もしてほしいと記載されている。

(画像=Airbnb)

 内装はクリスマスを感じることができるデコレーションが施してあり、暖炉やクリスマスツリーもあるようだ。庭にはあの騎手の像もあり、映画のように電子レンジで作るマカロニチーズも提供される。ブッキングは12月7日の13時(日本時間の12月8日4時)にスタートし、予約に成功した人には、LEGO ホーム・アローンセットもプレゼントされるようだ。また、こちらのホーム・アローンイベントの宿泊費はシカゴのLa Rabida児童病院に寄付される。

(画像=Airbnb)
(画像=Airbnb)

(画像=Airbnb)

(Source)
https://www.airbnb.jp/rooms/53274539?source_impression_id=p3_1638425597_hy9IOOa35Ll%2BewtM
https://nerdist.com/article/home-alone-house-airbnb-holiday-rental/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる