「中国版テスラ」のXpengが、陸も空も走れる空飛ぶ車を発表

「中国版テスラ」が、空飛ぶ車を発表

 中国のEVメーカー、Xpeng(シャオペン)の関連会社のHT Aeroが、「空飛ぶ車」を発表した。

Xpengより
Xpengより

 今回発表された車両は、2人まで乗車可能な軽量設計のモデルで、折りたたみ式のローターを備えている。道路を走行時はローターを収納し、飛行する際にローターを拡張させる仕組みだという。万が一のトラブルに備え、パラシュートを装備するなどの安全対策を施すとしている。同社によれば、空港からオフィスへ向かう際など、都市部での個人利用を想定した設計だといい、最大飛行可能時間は35分とのこと。飛行中は、高精度な飛行制御アルゴリズムによって、障害物を避けて飛行するようだ。公開されたモデリングと、製品版の仕様やデザインは異なる可能性があるとしている。

 シャオペンのCEO、ヒー・シャオペン氏によれば、2024年にこの車両を展開する計画だといい、販売価格は100万人民元(約1780万円)以下にすることを目標としているという。

 HT Aeroは先日、ベンチャーキャピタルや外部投資家から5億ドル(約570億円)を調達するなど、空飛ぶ車の実用化に向けて着々と準備を進めている。自動車メーカーやベンチャー企業の参入が相次ぐ領域において、同社は覇権を握ることができるのだろうか。

Xpengより
Xpengより
Xpengより
Xpengより
Xpengより
Xpengより

(画像=Xpengより)

■堀口佐知
ガジェット初心者のWebライター兼イラストレーター(自称)。女性向けソーシャルゲームや男性声優関連の記事を多く執筆している。

〈Source〉
https://en.xiaopeng.com/news
https://www.cnbc.com/2021/10/24/xpeng-launches-flying-car-that-can-also-operate-on-roads.html
https://techcrunch.com/2021/10/23/top-highlights-from-xpengs-2021-tech-day/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる