「ハンドスピナー」と「ワイヤレスイヤホン」が合体? 気になる使い方、特徴を紹介

ハンドスピナーとワイヤレスイヤホンが合体?

 今や屋外で音楽を楽しむために欠かせないガジェットとなっているのが、無線通信にて音楽を耳元で鳴らす「ワイヤレスイヤホン」。

 そして2017年に流行語大賞にもノミネートし、いまだ底知れぬ人気を保っているのが、ボールベアリングでブレードを回す「ハンドスピナー」だ。

 そんな「ハンドスピナー」と「ワイヤレスイヤホン」がまさかの夢の合体。それが世界初のハンドスピナーイヤホン「DualMM R1 Pro」である。
※ちなみに中国で特許も取得している。そりゃそうだ。こんなぶっ飛んだ発想で特許を取得する人は、世の中にそうそう居るものではない。

©Healthy Option株式会社/株式会社ワンモア(GREEN FUNDING)

 ちなみにイヤホンを耳の穴に差して、それをクルクル回す訳ではないので要注意。

 あくまでも、充電ケースをハンドスピナーとして回すのだ。間違えない様に、あらかじめ説明しておくこととする。

世界初!ハンドスピナーイヤホン「DualMM R1 Pro」の特徴とは?

DualMM

 ハンドスピナーイヤホン「DualMM R1 Pro」は、ハンドスピナーとして回転させる場合、なんとLEDが点灯して、幻想的に残像を醸し出してくれる。疲弊した現代人の心を、ほんのりと優しく癒やしてくれること請け合いだ。

 「DualMM R1 Pro」は一見、「ハンドスピナー」が内蔵されている「イロモノ」的な商品に思われそうだが、実は「イヤホン」としての仕様はとてもハイエンドだ。

 まず、左右のイヤホンは、ケーブルで繋がる事なく、完全に独立している「TWS(True Wireless Stereo)」という本格的な仕様を採用している。

 そしてイヤホンとスマホ~PC間は、最新の無線テクノロジー「Bluetooth5.0」で接続されるため、安定性した通信速度と、長距離接続、及び省電力機能により、高音質の音楽を聴くことが可能だ。

©Healthy Option株式会社/株式会社ワンモア(GREEN FUNDING)

 また、一度設定をしてしまえば、次にイヤホンを充電ケースから取り出した際には、たった約3秒でペアリングが完了するのは実に喜ばしい。

 耳に装着した時点で、すぐに音楽鑑賞が可能な訳だ。

 さらに、Bluetoothイヤホンでゲームをする場合、安価なイヤホンでは、どうしても画面に対する音の遅延が気になってしまい、イライラが溜まってしまうものだが、「DualMM R1 Pro」は「低遅延ゲーミングモード」を搭載しているので、ゲーム音の遅延によるストレスを感じずに済むのだ。

 ほかにも……。

・IPX6(いかなる方向からの噴流水によっても、有害な影響を受けない。)の、強力な防水機構を搭載。
・バッテリー待機時間は、イヤホン使用時間で最大4~5時間、充電ケース使用で最大18時間の大容量。
・超軽量の3.6g 。
・持ち歩きしても無くしにくい様に「ストラップ」が付属。

 ……と、特筆すべき性能を有している。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる