『スーパー野田ゲー』第2弾の開発がスタート! オンライン対戦機能を実装予定

『スーパー野田ゲー』新作開発スタート

 吉本興業の新サービス「FANY GAMES」が始動し、第1弾プロジェクトとして、オンラインゲーム『スーパー野田ゲーWORLD』の開発が始まった。

 本ゲームは、2020年4月に発売した『スーパー野田ゲーPARTY』の超おもしろ総監督マヂカルラブリーの野田クリスタルと、『ことばのパズル もじぴったん』の生みの親で、面白法人カヤック所属のゲームクリエイター後藤裕之が再びタッグを組んだ、Nintendo Switch専用ダウンロードゲーム。今回は初のオンライン対戦機能を搭載し、世界中のプレイヤーが、野田ゲーを通してつながることができる。

 前作『スーパー野田ゲーパーティ』のクラウドファンディングでは、目標額400万円に対して達成率339%となる13,573,000円が集まった。発売からわずか2日間でNintendo Switchの4月ダウンロードランキング2位となり、販売数約8万本(7月末現在)を記録している。

 今作のクラウドファンディングは、前作の支援額13,573,000円を目標額に設定し、実際にゲームに登場する素材やアイデアをリターン品(特典)として採用する。さらにゲーム完成までを一緒に楽しむ仕掛けも用意される予定だ。

■クラウドファンディング概要
本プロジェクトは、すべての人たちのクリエイティブな夢を叶え、夢を支える、吉本興業プロデュースのクラウドファンディング「FANY Crowdfunding」にて、参加が可能

『世界中とオンラインで遊べる超面白い「スーパー野田ゲーWORLD」をみんなで作りたい』
URL:https://cf.fany.lol/projects/2948



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる