新社会人必見、テレワークを充実させるガジェットとは?

 世の中ではすでにテレワークが浸透し、多くの企業が実施している。完全テレワークに切り替えている企業もあれば、出社とテレワークを両方実施している企業もある。今まで出社していた時は「寝るために帰るだけの家」だった人も多かったが、今後は「仕事をするための家」として自宅環境を整える必要が出てきた。

 新卒社員に対する企業の対応も変化してきた。以前は対面で行われていた研修もオンラインへの切り替える企業が増加し、仕事のOJT(On the Job Training=実際の職務現場で教育訓練を行うこと)もほぼオンラインで実施されるようになった。このような状況下で新社会人を迎える人は、自宅で仕事をすることに不安を持っている人も多いと思う。

 今回は、この春から新社会人になる方が仕事をスムーズに進めるために、おすすめしたいガジェットをご紹介する。

会議はオンラインが基本! スムーズに会議を進めるために必要なガジェット

 オンラインで社内会議をしたり、取引先と打合せをしたりする際、オンラインミーティングが主流となった。Zoomなどのツールを駆使する企業が多い。

 オンラインミーティングをするときに必須なのが、「画質の映像」と「聞きやすい音質」だ。

 画質が悪かったり、ノイズが入っていると、非常に進行がしにくくなってしまう。

 オンラインミーティングを行うためにおすすめのガジェットが、カメラとイヤホンだ。

ロジクール ウェブカメラ C920n

 ロジクールのPCに取り付ける形式のカメラは、クリップ式で装着が簡単。固定もしやすい。

 会社で使っているPCの内蔵カメラの性能が悪い場合は、別付けでカメラを購入したほうがいいかもしれない。フルHD 1080Pなので、画面がカクつくことなく、鮮明に映る。

 カメラ両サイドにマイクを搭載しているので、どの角度からでも音声を取り込むことも可能だ。

ロジクール ウェブカメラ C920n(Amazon)

 よりいい音質にこだわりたい人は、マイク付きイヤホンの購入も検討してみてはどうだろうか。

ロジクール ヘッドセット H111r ステレオ

 こちらのロジクールのマイク付きイヤホンは、PCに有線でつなげることで使うことができる。丈夫かつ軽量で、ヘッドバンドは調整が可能。柔らかいイヤークッションで、長時間使用するにも快適だ。

ロジクール ヘッドセット H111r ステレオ(Amazon)

 また、新社会人は一緒のタイミングで入社した同期ともなかなか顔を合わせないまま仕事を進める可能性もある。Zoomで「オンライン飲み会」などを開き、同期との交流を深めてみるのはどうだろうか。

効率2倍? モニター導入のすすめ

 PC作業が多い人におすすめなのが、モニターの導入だ。

 PC一画面で作業するよりも、デュアルディスプレイで作業するほうが2倍効率化できると実感している。

 新しい仕事を覚えるにあたり、たくさんの資料を同時にチェックしなければならないときにも便利。筆者も仕事柄2画面であったほうが便利なので、LG社のモニターを導入して作業している。


 モニターが置けるくらいの広さの机は必要となるが、広いデスクのほうが仕事もしやすいので、テレワークを今後実施していくにあたって自分に最適な机の広さを考えてみてほしい。

 また、筆者はデスクに観葉植物も置いている。仕事に行き詰ったとき、ふと目に緑が入るとリフレッシュができる気がする。小さいものでも、ぜひ1つ置いてみるのもいいかもしれない。