なにわ男子、「大橋和也への質問」動画で見せたYouTubeとの好相性 笑いと愛情溢れるメンバーの魅力が爆発中

 2月からYouTubeの『ジャニーズJr.チャンネル』に本格参戦した、関西ジャニーズJr.の人気ユニット・なにわ男子。2月9日に更新した動画『【大橋和也へ28の質問】子ども生まれました!』のオープニングでは、メンバーがYouTube用のオリジナル挨拶を考案することになった。

 まずは、西畑大吾が模範解答を披露していく。大西流星が作った「ちゅきちゅきポーズ」を用いて「せーの、ちゅきちゅき! どうも、なにわ男子です!」とシンプルかつキャッチーな挨拶をしてみせる。早速全員で挨拶してみると、メンバーも「(すでに)やってた?」と言いたくなるほど息ピッタリだ。

 続いて、長尾謙杜が考えた挨拶は「ぽんぽんぽんぽんぽんぽーん!」とノリノリ。このエアホーンを思わせる、つかみの音。YouTubeをよく見る方なら聞き覚えがあるかもしれない。実はこのフレーズ、チェンネル登録者数98万人超(2月13日現在)の人気YouTuber・みきおだ【MIKIODA】が挨拶のときに使っているのだ。YouTubeが大好きだという長尾のこと、きっと彼らへの憧れとリスペクトから、オマージュした挨拶にしたいと思ったのではないだろうか。

 すると、ちょっとした奇跡がコメント欄に起こった。「ぽんぽんぽんぽんぽーん!!!!」と、まさかのみきおだ【MIKIODA】本人がコメントを寄せたのだ。もちろん、動画内の彼らは公開後に、そんな嬉しいゲスト出演が待っているなどつゆ知らず。全力で挨拶をやってみるも「バラバラや!」と言って大笑い。今ごろ、長尾が「ぽんぽんぽんぽんぽんぽーん!」と喜びをあらわにしているのではないかと思うと微笑ましい。

 さらに、藤原丈一郎がアイデアを出したシーンでも驚きの展開は続く。「世界各国見てくれるわけやから」と各国の言語で挨拶をしていこうと提案する。そのまま藤原丈一郎→長尾謙杜→高橋恭平→西畑大吾→道枝駿佑→大西流星→大橋和也の順に、即興でやってみることに。

 「ハロー」(藤原)→「アロハ」(長尾)→「グラッチェ」(高橋)→「おはよう」(西畑)→「ボンジュール」(道枝)→「パッパラピー(!)」(大西)→「ブエナスタルデス」(大橋)→「ちゅきちゅきー! どうも、なにわ男子です!」(全員)

 と、一発でキメたものの、大西の「パッパラピー」に藤原から「なんて?」とツッコミが入る。たしかに「パッパラピー」は外国の言葉ではない。しかし、その響きが「かわいい」と気に入ったメンバーたちは「パッパラピー! どうもなにわ男子です」と挨拶してみせ、もはや何でもOK状態になってしまった。

 この「パッパラピー」も、チャンネル登録者数161万人超の人気YouTuber・パパラピーズの名前の由来となっていることから、コメント欄に「気のせいですかね!?パパラピーズって呼ばれた気がして来ました」と発言し、まさかの“ご本人登場“に視聴者は大興奮。大西がかねてより「大丈夫そ?」と好んで使っているツッコミもパパラピーズが発祥と言われており、きっと大西も喜んでいるに違いない。