ジャニーズJr.チャンネル新加入の3組を徹底分析 なにわ男子・Aぇ! group・Lil かんさいの“YouTube適性”は?

 YouTubeの『ジャニーズJr.チャンネル』に、関西ジャニーズJr.から3グループ(なにわ男子・Aぇ! group・Lil かんさい)の参戦が決定した。

 これまで、月曜・火曜はグループの垣根を超えた動画や番外編などを不定期にアップし、少年忍者(水曜)、Travis Japan(木曜)、7 MEN 侍(金曜)、美 少年(土曜)、HiHi Jets(日曜)と、5グループが各曜日を担当していた。関西ジャニーズJr.3グループは、火曜日を担当し、月替りのローテーションで動画を更新していく。

 まず1月は、3グループがどんなグループなのかを知ってもらうべく、12日(なにわ男子)、19日(Aぇ! group)、26日(Lil かんさい)と、それぞれの音楽動画をアップする予定。これまで舞台やステージなどで披露されてきた彼らの音楽が、一気に世界に発信されるのは、どんな反響が返ってくるのか非常に楽しみだ。

 1月5日には早速、3グループが勢揃いして自己紹介をした動画が『関西ジャニーズJr.【初めまして】ステージから失礼します!』公開された。

安定感抜群のバラエティ力を持つ、なにわ男子

 イエローの衣装に身を包んでいる7人のが「なにわ男子」。MCとして場を仕切っているのが西畑大吾。ラジオ『関西ジャニーズJr.とれたて関ジュース』(ラジオ関西)でパーソナリティを務めていることからトーク力にも定評があり、関西ジャニーズJr.の中でも屈指の演技力の持ち主でもある。

 そして「プリン食べすぎてお尻プリンプリン」と元気よく挨拶をしたのが、なにわ男子のリーダー・大橋和也だ。天然なところがありイジられキャラの顔と、“土”の字を見事な開脚で披露してみせるところからおわかりのように身体を柔らかく使ったダンスでスーパーアイドルの顔を併せ持つ。

 次に挨拶をしたのは、冒頭から焼き肉を奢らされそうになっている最年長・藤原丈一郎。ジャニーズ屈指の野球好きで、贔屓のチームはオリックス・バファローズ。以前、スポーツ番組にゲスト出演した際にはオリックス愛を30分かけて熱く語りまり、12月に出演した『オールナイトニッポンPremium』でも「なにわ男子のバファローズ担当」と広報活動に余念がなかったほど一途な男である。

 続いては、最年少の長尾謙杜だ。以前、ジャニーズJr.チャンネルに初登場した際には、大橋とともにカメラに「わー!」と向かっていく切り込み隊長っぷりを見せていたことでも記憶に新しい。ファッションが好きということで、美 少年の藤井直樹と服企画でコラボしていきたいと意気込みを語った。

 「勢いは西から愛は大西から。19歳の大西流星です」と愛らしく挨拶した大西流星。「カメラどこやろ〜?」からのあざとかわいいウインクはキラキラなジャニーズアイドルといった雰囲気だが、このかわいい顔で毒舌がキレキレというギャップがあるのも大きな魅力。現在、放送中のドラマ『夢中さ、きみに。』(MBS)では、初の単独主演を果たしたことでも注目を集めている。

 そんな大西の挨拶をパロって「勢いは枝から、道枝駿佑です」と挨拶をしてみせた道枝駿佑も、ドラマ班として今後が楽しみな演技力を持つ。Hey!Say!JUMPジャンプの山田涼介をリスペクトする共通点を持つHiHi Jetsの井上瑞稀と、山田愛を語る企画を熱望しているとコメント。

 そして、「なにわ男子のビジュアル担当」と自己紹介する高橋恭平。これまでも数々の場で「顔面人間国宝を目指したい」「寝起き毎回イケてんなと思う」と豪語してきたのだが、その発言も納得のビジュアル。あまりに小顔ゆえに関西ジャニーズJr.のメンバーが「隣に並びたくない」No.1と囁かれる。そのナルシストキャラがジャニーズJr.チャンネルでどう開花していくかが楽しみだ。

YouTuberスキルが高そうなLil かんさい

 なにわ男子の自己紹介が終わると、続いてブルーの衣装がきらびやかなLil かんさいの番だ。最初に手を挙げたのは嶋﨑斗亜。ふわふわとした雰囲気に似合わず「怖いもの知らずだ」と自称する嶋﨑は、絶叫系のチャレンジ動画に意欲を見せる。『炎の体育会TV』(TBS系)、ドラマL『年下彼氏』『僕らは恋がヘタすぎる』(共にABCテレビ)とメディア露出が続いている期待の星でもある。

 続いて、手を挙げたのは西村拓哉。サッカーをすればプロチームのジュニアチームから声がかかり、空手をやれば黒帯&全国大会上位と、抜群の運動神経を誇り、嶋﨑と共に『炎の体育会TV』に出演したことも。それゆえに反射神経もいいのか、リアクションに自信があるそう。「ぜひドッキリを!」と自ら志願するドMっぷりが垣間見える挨拶で爪痕を残す。

 次に挨拶をしたのは、リーダーを務めている岡﨑彪太郎。「クイズとかやりたいです」と少し遠慮気味に話している岡﨑は、インタビューで「生まれ変わったらコアラになりたい」と話すなど、おっとりとした性格。だが、テニスはかなりの腕前だそうで、その姿は“リアルテニスの王子様”との呼び声も。華麗なプレー姿を見せてくれる日が来るのも楽しみだ。

 そして「勢いは西から、愛は大西から……」とどこかで聞いたことがあるフレーズで挨拶をしたのは、大西風雅。もちろん、こんなフリを関西ジャニーズJr.たちが見逃すはずもなく、周囲から“待て”が入る。大西風雅いわく、大西流星のこの挨拶が誕生した際に隣りにいたらしく、使用権限をもらっているとのこと。大西流星としては「知らないうちにあげていた」ようなのだが、2人で仲良く使っていくことに。1日8時間YouTubeを視聴しているそうで、YouTube通なところも要チェック。

 続いては、3グループ合わせても最年少というフレッシュな當間琉巧(とうまるうく)。「怖い話を聞くのが好き」と言い、心霊スポットにもどこにでも行く勢いを見せる。そんな天真爛漫な當間を、おっとりリーダーの岡﨑が甘やかす姿が、ファンの間では名物になっている。イタズラ心あるドッキリをされても平和な空気になりそうなLil かんさいの動画が楽しみだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる