セカオワの楽曲がKaito、古川琴音主演でドラマ化 『Music Story produced by ABEMA』配信開始

 ABEMA(アベマ)による、音楽を独自の視点で解釈し、そこから紡がれる物語をショートドラマ化する新たな形、ミュージックストーリーシリーズ『Music Story produced by ABEMA』が、2月より配信される。

 第1弾として、SEKAI NO OWARIの『YOKOHAMA blues』を、本日2月10日夜7時より「ABEMAビデオ」とSEKAI NO OWARI公式YouTubeチャンネルにて配信。『YOKOHAMA blues』は、本日リリースのベストアルバム「SEKAI NO OWARI 2010-2019」にも収録されている楽曲。SEKAI NO OWARIにとって、“2月10日”はデビュー日にあたる特別な日。このメモリアルな日への祝福の意味も込めて、『Music Story produced by ABEMA』にて『YOKOHAMA blues』の特別ドラマ化が実現した。


 『Music Story produced by ABEMA』には、インスタ流行語大賞にもランクインした『17.3 about a sex』やATP賞テレビグランプリのドラマ部門にて奨励賞を受賞した『僕だけが17歳の世界で』ほか、数々のヒットドラマを手掛けたプロデューサー・藤野良太が参画。新たな試みとして、“音楽にはドラマが宿っている”のコンセプトのもと、人生の岐路に立つ機会の多い20代男女に向け、様々なアーティストの楽曲を再解釈し、オリジナルのストーリーをのせてドラマ化する。本作では、『YOKOHAMA blues』の切ない歌詞とメロディに載せて、望むものは手に入れても、本当に愛する人だけは手に入れることのできなかった男による“あと一歩届かなかった恋”をポエティックに描いている。

 本作はKaitoと古川琴音のW主演。Kaitoは、オリジナル恋愛リアリティーショー『オオカミくんには騙されない』にて、甘いルックスと一人の相手を一途に思い続ける姿に、多くの視聴者のハートを射止めた、インディーズの4人組バンド・インナージャーニーでドラムを担当するアーティスト。本作では、夢を叶え順風満帆な生活を送るものの、最後まで本心を伝えることのできなかった女性の結婚式に参列するアーティストの役を、切ない表情で情緒たっぷりに演じている。古川琴音は話題のドラマやミュージックビデオに出演し、“ネクストブレイク女優”として今後の活躍が注目される若手女優で、気持ちに気付きながらも別の男性との結婚を決めた新婦役を演じ、2021年にデビューしたばかりの新人俳優の西垣匠が、その新婦の結婚相手役を演じている。

 今回の出演に関し、Kaitoは「幼い頃に聴いていたSEKAI NO OWARIの作品に、自分自身が役者として参加しているということに最初は少し違和感を感じました」としつつも、「音楽とドラマの融合によって引き出される世界に引き込まれて、バンドや音楽をやっている自分だからできることを模索しながら、作中の男の心情を映し出せるよう意識しました」とコメント。普段はドラマーとして活躍するKaitoだが、本作ではギターを演奏したり、歌唱シーンや作曲シーンを見せたりと、アーティストとしての新たな一面をのぞかせている。古川も「2人の想いがすれ違い、時を経て答え合わせする様が切なかったです。ちゃんとKaitoくんに想われるような女の子になれているのか心配でしたが、横浜の景色にも手伝ってもらって、とてもロマンチックに映っていて嬉しく思いました」と作品に対してコメントしている。


 本作は新たな試みとして、Kaito演じる男性目線ver.と、古川演じる女性目線ver.を視聴することで、それぞれの気持ちに寄り添うことができる仕掛けとなっている。男性目線ver.は「ABEMAビデオ」に、女性目線ver.はSEKAI NO OWARI公式YouTubeチャンネルにて本日夜7時よりそれぞれ配信。さらに配信に伴い、TikTokにてABEMAの音楽に関するコンテンツが楽しめるアカウントを開設。『Music Story produced by ABEMA』ほか、ABEMAにて配信中の作品で使われている主題歌や挿入歌など、ABEMAから紡がれる音楽をTikTokアカウント「ABEMA MUSIC」にて視聴することができる。

■ABEMA『Music Story produced by ABEMA』 概要
第1弾配信日:2021年2月10日(水)
アーティスト/楽曲:SEKAI NO OWARI/YOKOHAMA blues
出演:Kaito、古川琴音、西垣匠
ABEMAビデオ:https://abema.tv/video/