プロ野球『日本シリーズ』中継をネットやアプリで見るなら? ABEMA、Hulu、Paraviなどを駆使しよう

 新型コロナウイルスの感染拡大によるシーズンの遅れに始まった、2020年のプロ野球・ペナントレース。観客の入場制限など、困難を乗り越えながら白熱した試合を繰り広げ、その総決算である『SMBC日本シリーズ2020』(福岡ソフトバンクホークス VS 読売ジャイアンツ)が11月21日より開幕する。

 ソフトバンクが三連覇と“最強”の座を欲しいままにしている現在のプロ野球。クライマックスシリーズも勝ち上がって仕上がっているソフトバンクに対し、ジャイアンツは今回、セリーグ側のホームゲームでも「全試合DH制適用」という条件をもって、迎えうつことになる。日本シリーズについては、21日の第一戦を日本テレビ/日テレジータス、22日の第二戦を日本テレビ/日テレジータス/NHK BS1、24日の第三戦をテレビ朝日/NHK BS1/テレ朝チャンネル2、25日の第四戦をフジテレビ/NHK BS1/フジテレビONE、26日の第五戦をTBSテレビ/NHK BS1、28日の第六戦と29日の第七戦を日本テレビ/日テレジータスでそれぞれテレビ放送予定だ。

 では、場所を選ばず観戦できる、ネット中継・アプリ中継についてはどうだろうか。

 実は各試合ごとにプラットフォームが異なる配信となっており、すべてをネット・アプリで見るのはなかなかに至難の技。とはいえオンタイムで観戦したいという方のために、下記にてその方法を紹介したい。

 まず、21日の第一戦と22日の第二戦はHuluとGLS(Giants Live Stream)、24日の第三戦はABEMA、25日の第四戦はフジテレビONEsmart、26日の第五戦はParavi、28日の第六戦と29日の第七戦はHuluとGLS(Giants Live Stream)でそれぞれ中継予定。ABEMAは無料放送のため即時DLしてもらうとして、あとはParaviとHulu、フジテレビONEsmartがあればバッチリというわけだ。

 Paraviは登録月のみ無料というサービスを展開しており、先日ドラフト中継もオンエアしていたため、登録済みで無料期間中の野球ファンは多いかもしれない。また、Huluも2週間限定でお試し無料キャンペーンを行なっている。ジャイアンツの中継で使われることも多いため、多くの球団の試合を見る方はすでに登録済みかもしれないが、まだであればこの機会に加入するのもありだろう。問題はフジテレビONEsmart。お試し期間はなく、FOD加入者でもプラスアルファで料金を払わないと見れないサービスでもあるため、テレビでの視聴が難しい方は、潔く契約するか、ここで日本一が決まらないことを祈るしかない。

 今年の日本シリーズは一試合も目が離せない展開が続きそうなので、ぜひこの機会に各アプリへ登録してみてはいかがだろうか。