「iPhone SE Plus」のリリースは早くても2021年後半? Appleが方針を修正か

 iPhone 12シリーズがリリースされたばかりだが、今年春に発売された廉価モデルの後継モデルiPhone SE(第3世代)に関する予測も海外で本格化してきている。

5.5インチに大きくなる?

 Appleの分析に定評のあるTF International Securitiesの著名アナリスト、ミンチー・クオ氏は、当初、iPhone SE(第3世代)が2021年前半にリリースされると見ていたが、早くとも2021年の後半になるだろうとの見通しを示した。

 これを受けて「新しいiPhone SEが2021年前半に発表される可能性は低い」と『9to5Mac』は報じている(参考:https://9to5mac.com/2020/11/11/iphone-se-2021-update/)。

 2020年4月に発売されたiPhone SE(第2世代)が引き続き好調で、Appleが現在、フラッグシップであるiPhone 12ラインナップに注力しているためだという。

 サイズは小型と呼べる範囲ながら5.5インチと、さらに一回り大きくなると予想されている。クオ氏が言う2021年後半には、主力となるiPhone 13シリーズがリリースされることが予想される。そうなると特徴がやや近いと思われるiPhone 13 mini(仮称)と販売台数を奪い合う懸念はないだろうか。

6.1インチ説も? 2022年春に発売?

 Display Supply Chain ConsultantsのCEOであるRoss Young氏は、iPhone SE Plusにつてサイズが一気に6.1インチと大きくなり、2年の間をあけて2022年春に発売されると予想している。

 「iPhone SE Plus」は、スタイルと機能がiPhone 8に非常に似ているが、仕様はiPhone 11に近いデバイスになり、価格は、ほぼ同じ400ドル前後を維持するのではないかと『Macworld』は伝えている(参考:https://www.macworld.co.uk/news/iphone-se-3-release-date-3788075/)。