弘中綾香アナの“すごいテクニック”で初デートはバッチリ? YouTubeで秋の男性ファッションコーデ対決

 テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル内のコンテンツ「弘中美活部」が9月11日に更新され、その中で“初デートにピッタリな秋の男性ファッションコーデ”対決が行われた。

弘中アナvs古川優香vs林アナ【ユニクロ】コーデ対決!彼氏に着て欲しい服選び

 今回の「弘中美活部」は、今年6月にオープンしたばかりの「ユニクロ 原宿店」を舞台に収録。部長である弘中綾香アナウンサーと部員の林美桜アナウンサー、そして大人気YouTuberユニット「さんこいち」のメンバーでモデルの古川優香をゲストに迎え、ファッションコーデ対決を行うこととなった。

 また、今回の企画はある男性アナウンサーの持ち込み企画だという。その男性とは林アナと同期の井澤健太朗アナウンサーだ。井澤アナが「今回はご相談がありまして。実は僕、服をあまり持っていないんですよ。オシャレでもないと先輩方から言われるので、ぜひお三方に僕の洋服を選んでいただきたいと思って来ました」と企画の意図について説明すると、弘中アナは「こういうのって冗談というか、誇張して言ったりするじゃないですか? でも井澤くんは本当に私服がダサいんですよ」と古川に伝えていた。

 続けて同期の林アナが「本当にダサい! 『えっ、こんな足出して大丈夫?』っていうくらいの白パンを履いて会社に来ちゃったりとかするんです。井澤さんの友達に聞いてみたところ、学生時代裏では“ファッションモンスター”と呼ばれていたらしい」と証言すると、ファッションモンスターと呼ばれていたことを知らなかった井澤アナはショックを隠せない様子。このリアクションを受けても、林アナは「ごめん…! 言えなかったの。でも“今日もモンスターだな”と心の中で思っていた」と正直な感想を伝えていた。

 そんな今回のファッションコーデ対決で審査員を務めるのはメンズファッションプロデューサーのMB氏。独自の視点でファッションを論理的に分析するのが得意な人物だ。いざ、対決が始まると弘中アナは次々とアイテムを選んでいく。学生時代にアパレルでバイトをしていたという弘中アナはそこで培った経験から「ベストが平置きになってるから、どうやら流行ってるっぽいぞ。平置きになっている商品は人気なんですよ」と分析し、ベストを軸にコーデしていくことを決めていた。