弘中綾香アナがあざとすぎる“モテテク”披露 林美桜アナは「こんな子がいたら負ける」と白旗

 テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル「テレビ動画、はじめてみました【テレ朝公式】」が7月24日に更新。「弘中美活部」とバラエティ番組『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日)のコラボ企画動画が配信された。

弘中アナが教える…あざとい!男性にモテるテク!

 『あざとくて何が悪いの?』は南海キャンディーズ山里亮太、田中みな実、弘中綾香アナウンサーに加え、俳優の千葉雄大が世の中の“あざとい女”をテーマにした再現VTRをスタジオで観ていくといった内容。7月25日に第3弾が放送され、10月からはレギュラー化も決定している。

 今回、「弘中美活部」では過去に番組で紹介された“あざといテクニック”を、彼氏いない歴26年だという林美桜アナにクイズ形式で出題することに。「あざとテク初級編」の問題は“したたかな女 合コンでの自然なボディタッチ”というテーマだったが、林アナはわざと食器を落としてそこから“男性の足首を触る”という答えを出してしまった。これに弘中アナは「えぇ!? 怖い怖い……今、足首触ったよね?」と絶句。正解はお手洗いに行く時、席を立つ際に「行ってくるね」と言って相手の腕に自然とワンタッチするという内容だった。これをマネキン相手に実践することとなった林アナだが、「今までこういうあざといことをする子を全てブロックしてきたんですよ。食事会とかでも……だから自分がやるなんてな……」と複雑な表情を浮かべていた。



 仕事だと頭を切り替えていざ実践してみせると、弘中アナは「いいぞ、美桜! 完璧完璧!」と後輩アナの成長を評価。これに味をしめたのか林アナが「意外と簡単でした。なので、会社でもやろうかなと思います。隣のデスクの人に『いってくるね』って」と意思を示すと、弘中アナは「会社ではやらないください。変な噂が立っちゃうので」と注意していた。

 中級編は「合コンで気になる相手を狙い撃ちしたい時に使うとどめのテクニックとは?」という内容。正解は狙った相手の持ち物を褒め倒して、相手から「つけてみる?」と言われるように仕向けるということ。弘中アナが帽子を被ったマネキン相手に緩めの“あひる口”を見せるなどで実践してみせると、林アナは「もうすごい……! これはかわいいわ。こんな子がいたら負ける」と白旗を上げていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる