LINE、デジタルトレカプラットフォーム「VVID」発表 二次流通までを独自で管理

LINE、デジタルトレカプラットフォーム「VVID」発表 二次流通までを独自で管理

 LINE株式会社は、デジタルトレーディングカードプラットフォーム「VVID(ビビッド)」 を今夏より提供することを発表した。

 「VVID(ビビッド)」では、 アーティストやアイドル、コスプレイヤーなどの人物をはじめ、 アニメ、映画、 ホビーなど様々なコンテンツをオンラインで販売し、「コレクションできるデジタルトレーディングカード」展開する。

 既存の写真をそのままデジタルカード化するだけでなく、 アイドルやアーティストが笑いかけてくるカード、アニメ・ 漫画のワンシーンを切りとった動くカードなど、デジタルならではの特性を活かしたインタラクティブなカードを楽しむことができる。

 また、スマホの画面を“指で擦る” ことで隠れていた画像が見れたり、スマホを傾けることで人物の表情が変わったりする特殊なカードも展開される。

 さらに、ファン同士でトレーディング(交換・二次流通)が可能となっており、日本はもちろん、 今後はグローバルを含めた展開を予定している。そのほか、DRM機能の導入によるスクリーンショット防止や、 デジタルカードの発行No.による管理によって、複製防止やコンテンツ保護を行い、不正な二次流通を防ぐ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!