任天堂、著作物利用ガイドライン更新 UUUM、いちからなど4社と契約締結へ

 任天堂は、6月1日にネットワークサービスにおける著作物の利用に関するガイドラインを更新した。

 本ガイドラインは、任天堂が著作権を持っている作品を利用した音楽、動画、静止画を投稿する際に、対象著作権侵害に当たるか判断する基準となるもの。

 今回は、Q&Aの9番目に当たる法人が作品の著作物を扱う投稿に関するガイドラインを更新。同ガイドラインは個人に向けた著作物の投稿を対象にしており、法人等の団体、投稿者が所属する団体による投稿は対象外としていたが、別途契約が締結された法人に所属する投稿者であれば可能とした。追記されたのは、以下の法人社名となる。

 ・UUUM株式会社(吉本興業所属を含む)
 ・株式会社ソニー・ミュージックマーケティング
 ・株式会社東京産業新聞社(ガジェット通信)
 ・いちから株式会社

 今後、上記の4社は個人と同様に本ガイドラインに従い、投稿することが可能になった。投稿者の動画の内容がどのように変化していくのか注目していきたい。

 

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる